Toro Rosso

/ News

  • トロ・ロッソ

プヒョラーがベルヌのマシンを担当

Me
2014年1月11日 « FIA、各ドライバーの固定番号発表 | マルシャ、チルトン残留を正式に発表 »
© Sutton Images
拡大

ウィリアムズのチーフレースエンジニアだったセビ・プヒョラーが今シーズンからトロ・ロッソでジャン-エリック・ベルヌのレースエンジニアを務めることになった。

この冬にトロ・ロッソ入りしたプヒョラーは、2013年シーズンの初めにウィリアムズで昇進を果たし、1年間チーフレースエンジニアを経験した。冬のトレーニング状況についてトロ・ロッソのウェブサイトに語ったベルヌは、プヒョラーと同様に新しいトレーナーが付いたことを明らかにしている。

「他にも僕の周りのプロフェッショナルグループには変更があった。その1つが新しいレースエンジニアのフランシスコ・ハビエル・プヒョラーだ。前任者のフィル・チャールズは今年、チーフエンジニアになったんだ」とベルヌは述べた。

プヒョラーのウィリアムズ離脱によって、フェラーリのロブ・スメドリーがそこに加入する可能性が開けた。

© ESPN Sports Media Ltd.