Toro Rosso

/ News

  • トロ・ロッソ

ベルヌ、ウェバーの後継候補に急浮上

M.S.
2013年6月10日 « マッサは来季も残留するとドメニカリ | タイヤ問題は未解決とハミルトン »
先輩の成功に続けるか © Sutton Images
拡大

モナコとカナダのパフォーマンスで目を引いたトロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌが、姉妹チームであるレッドブルで来年マーク・ウェバーと交代するドライバー候補に加わった。

これまではベルヌのチームメイトであるダニエル・リカルドに分があると見られていたものの、カナダGPではベルヌが6位フィニッシュを果たし、これはレッドブルドライバーであるセバスチャン・ベッテルがトロ・ロッソ時代の2008年に果たした優勝以降のベストリザルトだ。

大きな影響力を持つレッドブルのドライバーマネジャーであるヘルムート・マルコ博士は「ジャン-エリック・ベルヌはモナコでそのパフォーマンスを印象づけ、ここモントリオールでは彼の方が優れていた」と『Speed Week(スピード・ウイーク)』にコメント。

「このリザルトはわれわれの期待さえ上回っており、彼がこの調子で続けていけるよう願っている」

マルコはまた、フランスの『RMC』にこう語っている。

「単に好レースだったにとどまらず、彼は週末を通して非常に速かった。彼は雨の予選でミスを犯さず、レースでは才能あるドライバーたちとバトルして見せた」

ベルヌの将来について、マルコ博士は「彼はF1で2年目であり、この2年目は本当にインプレッシブだ」と話し、次のように続けた。

「しかし、われわれが求めているのはグランプリで勝利できるドライバー。今のところ、彼は正しい方向に進んでいる」

© ESPN Sports Media Ltd.