Toro Rosso

/ ドライバー

/ ダニール・クビアト

ダニール・クビアト  ロシア連邦

  • 氏名 ダニール・クビアト
  • 生年月日 1994年4月28日
  • 年齢 22歳27日
  • 身長 1.75 m
  • 体重 58 kg
  • 現所属チーム トロ・ロッソ
  • 過去の在籍チーム レッドブル
driver portrait
2016年の世界選手権
# Grand Prix Circuit Date Car Pos Pts Qual FL
1 オーストラリア アルバート・パーク 3月20日 レッドブル (RB12) - 18
2 バーレーン サヒール 4月3日 レッドブル (RB12) 7 6 15
3 中国 上海 4月17日 レッドブル (RB12) 3 15 6
4 ロシア連邦 ソチ 5月1日 レッドブル (RB12) 15 8
5 スペイン カタロニア 5月15日 トロ・ロッソ (STR11) 10 1 13 FL
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
2014 Toro Rosso 19 19 0 0 14 9 0 0 5 0 0 8 15
2015 Red Bull 19 19 0 1 16 2 0 0 4 0 0 95 7
2016 Red Bull, Toro Rosso 5 5 0 1 4 3 0 0 6 1 0 22 9*
Total 43 43 0 2 34 2 0 0 4 1 0 125
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 オーストラリアGP アルバート・パーク 2014年3月16日 レース結果
ラストレース スペインGP カタロニア 2016年5月15日 レース結果
プロフィール
© Sutton Images

ダニール・クビアトは瞬く間にF1へと駆け上がったとはいえ、常に進化し続けたジュニアカテゴリーのリザルトがクビアトに素早く学習する能力があることを示している。他の多くのドライバーと同様にカートからモータースポーツの世界に入ったクビアトは2010年にシングルシーターデビュー。レッドブルの支援を得てフォーミュラBWMヨーロッパに参戦した。ルーキーイヤーに欧州で真の輝きを披露することはなく、ベストリザルトはモンツァの2位だったが、パシフィックシリーズではマレーシアで2度の勝利を上げている。

フォーミュラ・ルノー2.0にステップアップした後はカルロス・サインツJr.をチームメイトとして戦ったユーロカップで2度優勝。また、ニュージーランドでトヨタ・レーシング・シリーズを選手権5位で完遂した。もう1年をフォーミュラ・ルノー2.0で戦ったクビアトはストッフェル・ファンドーネに次ぐランキング2位につけ、初年度よりはるかに実りあるシーズンを過ごし、フォーミュラ・ルノー2.0アルプス選手権でも勝利している。

レッドブルはクビアトの次の進路としてフォーミュラ・ルノー3.5ではなくGP3を選ぶ。シーズンを通して急速な成長を見せたクビアトはチャンピオンシップを7ポイントリードした形で最終戦を迎えた。クビアトはGP3と並行してヨーロッパF3選手権にも参加、5回のポールポジションと7度の表彰台を記録している。さらに、ザントフォールトでは勝利を飾った。

2013年のパフォーマンスを見たレッドブルはクビアトを早くもF1の舞台に昇格させることを決め、ダニエル・リカルドに代わる2014年のトロ・ロッソドライバーに指名している。この発表後、クビアトはアブダビでGP3タイトルを手中にした。

F1シーズンに初挑戦した当時は19歳だったにもかかわらず、クビアトは即座に印象的な走りを披露する。信頼性に問題を抱えるトロ・ロッソマシンを駆りながらも、マシンのパフォーマンスを最大限に引き出したレースでは好結果を残した。その活躍に魅了されたのがレッドブルだ。鈴鹿でセバスチャン・ベッテルが電撃離脱を発表すると、レッドブルはその後継者にクビアトを指名した。

晴れてトップチームに移籍したとはいえ、折り悪くレッドブルはV6ターボ時代に出遅れ、2015年はさらなる苦戦の1年を過ごす。ルノー製パワーユニットの信頼性およびパフォーマンスの不足により、序盤戦から本来の力を出せずにいたクビアトの一方で、トロ・ロッソを駆る後輩たちが活躍したことも相まって、レッドブルが1年限りでクビアトを放出するのではないかとのうわさまでささやかれた。しかし、シーズンが進むにつれてクビアトはその真価を発揮していく。次第にチームメイトのダニエル・リカルドに劣らぬスピードを示しだすと、第10戦ハンガリーGPではリカルドの3位をしのぐ2位フィニッシュを達成し、F1初表彰台を記録。ポディウムに登場したのはこの1回のみだったが、最終的なランキングは7位に食い込み、8位だったリカルドを3ポイント上回っている。チームの一員たるに相応しい力を証明したクビアトは、2016年もリカルドとともにレッドブルドライバーを務める。

【長所と短所】

際立ったスピードの持ち主であるクビアトは、マシンの中で若さとは裏腹な冷静さを発揮する。若手ドライバーとして直していくべき欠点があるのはクビアトも例外ではないものの、将来のスターになるためのあらゆる素質が備わっている。

【キャリア最高の瞬間】

デビュー後わずか14戦で、4度のワールドチャンピオンであるベッテルの後釜として2015年のレッドブルドライバーに選ばれたこと。デビューシーズンにおけるコース上でのハイライトは、ホームレースのロシアGP予選で5番手につけたこと。

【キャリア最低の瞬間】

自身の"ルーキーミス"によって大クラッシュを喫した2015年日本GP予選。ヘアピン手前のカーブでコースをはみ出したクビアトはスピンしながらウオールに激突した。横向きに360度回転し、元の姿勢に戻って停止したマシンは大破したものの、クビアト本人は無傷で難を逃れている。この時のクラッシュを振り返り、クビアトは「レーシングカーをロールさせたのは初めて」だったと語った。

【トリビア】

クビアトは英語、スペイン語、イタリア語、ロシア語の4カ国語に精通している。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2016年5月15日

ヒュルケンベルグの前を行くクビアト

2016年5月14日

ピットレーンを走るクビアト

2016年5月13日

ペースアップを図るクビアト

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ