ダニール・クビアト  ロシア連邦

  • 氏名 ダニール・クビアト
  • 生年月日 1994年4月28日
  • 年齢 20歳185日
  • 身長 1.75 m
  • 体重 58 kg
  • 現所属チーム トロ・ロッソ
driver portrait
2014年の世界選手権
# Grand Prix Circuit Date Car Pos Pts Qual FL
1 オーストラリア アルバート・パーク 3月16日 トロ・ロッソ (STR9) 9 2 8
2 マレーシア セパン 3月30日 トロ・ロッソ (STR9) 10 1 11
3 バーレーン サヒール 4月6日 トロ・ロッソ (STR9) 11 12
4 中国 上海 4月20日 トロ・ロッソ (STR9) 10 1 13
5 スペイン カタロニア 5月11日 トロ・ロッソ (STR9) 14 12
6 モナコ モナコ 5月25日 トロ・ロッソ (STR9) - 9
7 カナダ モントリオール 6月8日 トロ・ロッソ (STR9) - 15
8 オーストリア シュピールベルク 6月22日 トロ・ロッソ (STR9) - 7
9 イギリス シルバーストーン 7月6日 トロ・ロッソ (STR9) 9 2 9
10 ドイツ ホッケンハイム 7月20日 トロ・ロッソ (STR9) - 8
11 ハンガリー ハンガロリンク 7月27日 トロ・ロッソ (STR9) 14 10
12 ベルギー スパ 8月24日 トロ・ロッソ (STR9) 9 2 11
13 イタリア モンツァ 9月7日 トロ・ロッソ (STR9) 11 21
14 シンガポール シンガポール 9月21日 トロ・ロッソ (STR9) 14 10
15 日本 鈴鹿 10月5日 トロ・ロッソ (STR9) 11 12
16 ロシア連邦 ソチ 10月12日 トロ・ロッソ (STR9) 14 5
F1キャリア / 戦績
Year Car Race Start Won Pod Class Best Pole Front Best Lap Hat Pts Pos
2014 Toro Rosso 16 16 0 0 12 9 0 0 5 0 0 8 15*
Total 16 16 0 0 12 9 0 0 5 0 0 8
グランプリ サーキット 開催日
デビュー戦 オーストラリアGP アルバート・パーク 2014年3月16日 レース結果
ラストレース ロシアGP ソチ 2014年10月12日 レース結果
プロフィール

瞬く間にF1へと駆け上がったクビアトだが、ジュニアカテゴリーでの常に進化し続けたリザルトは彼が素早く学習する能力を持っていることを示している。他の多くのドライバーと同様にカートからモータースポーツの世界に入ったクビアトは2010年にシングルシーターデビュー。レッドブルの支援を得てフォーミュラBWMヨーロッパに参戦した。ルーキーイヤーに欧州で真の輝きを披露することはなく、ベストリザルトはモンツァの2位だったが、パシフィックシリーズではマレーシアで2度の勝利を上げている。

フォーミュラ・ルノー2.0にステップアップした後はカルロス・サインツJr.をチームメイトとして戦ったユーロカップで2度優勝。また、ニュージーランドでトヨタ・レーシング・シリーズを選手権5位で完遂した。もう1年をフォーミュラ・ルノー2.0で戦ったクビアトはシュトフェル・ヴァンドールンに次ぐランキング2位につけ、初年度よりはるかに実りあるシーズンを過ごし、フォーミュラ・ルノー2.0アルプス選手権でも勝利している。

レッドブルはクビアトの次の進路としてフォーミュラ・ルノー3.5ではなくGP3を選ぶ。シーズンを通して急速な成長を見せたクビアトはチャンピオンシップを7ポイントリードした形で最終戦を迎えた。クビアトはGP3と並行してヨーロッパF3選手権にも参加、5回のポールポジションと7度の表彰台を記録している。さらに、ザントフォールトでは勝利を飾った。

2013年のパフォーマンスを見たレッドブルはクビアトを早くもF1の舞台に昇格させることを決め、ダニエル・リカルドに代わる2014年のトロ・ロッソドライバーに指名している。この発表後、クビアトはアブダビでGP3タイトルを手中にした。

このページのトップへ上へ

最新ニュース

このページのトップへ上へ

最新画像

2014年10月11日

予選5番手のクビアトを称えるトスト

2014年10月4日

ヘルメットを脱ぐクビアト

2014年9月19日

メインストレートに入るクビアト

     

関連画像リスト

このページのトップへ上へ