Team US F1

/ News

  • USF1

序盤4戦の欠場許可を求めるUSF1

Kay Tanaka
2010年2月20日 « カンポス、カラバンテにチーム売却! | フェラーリ、タイヤ交換高速化に秘策 »

USF1のケン・アンダーソンは、チームが2010年F1世界選手権の序盤4レースを欠場したいと考えていることを認めた。

アメリカ・ノースカロライナ州シャーロットにファクトリーを構えるUSF1は最近、「われわれは消えていない」と『Twitter(ツイッター)』で強調。マネージングディレクターのアンダーソンは『New York Times(ニューヨーク・タイムズ)』紙に対し、USF1が資金的トラブルに陥っていることを認め、こうコメントした。

「いくつのレースを欠場できるかどうか、FIAと確認している段階だ」

アンダーソンは、コンコルド協定ではチームあたり3レースまでの欠場が認められると主張しているが、FIAは先日、レース欠場は「規則の違反にあたる」との声明を発表した。

FIA会長ジャン・トッドからの返事を待っているというアンダーソンは、「理想を言えば、われわれは序盤4レースを欠場してバルセロナ(5月9日決勝のスペインGP)でデビューしたい」と語っている。それでも、FIAがUSF1のリクエストを拒否してチームからエントリー権を奪う可能性も認め、「どんなことだって起こりうると推測している。しかし、それが何だと言うんだ?」とコメント、こうも続けた。

「FIAがわれわれに参戦権を与えた理由はなんだったのだ? その参戦権を奪うことは、私が得た彼らからのメッセージには間違いなく含まれていない。彼らはわれわれを助けたいと願っており、切り捨てたいわけではないのだ」

また、FIA会長から迅速な返答があれば「資金増大の引き金になるし、われわれにとってはいいこと」とも語ったアンダーソン。「さらに1、2週間かかるのであれば、この状態が維持される」とも付け加えた。

また、すでに契約を締結しているホセ・マリア・ロペスについては、いまでも2010年はUSF1の契約下にあることを強調し、ロペスが別のチーム(カンポスなど)と契約するといううわさを否定。

「彼はその選択を熟考しているはずだ」と述べたアンダーソンは、『You Tube(ユー・チューブ)』創始者のチャド・ハーリーとスポーティングディレクターのピーター・ウィンザーがチームを離脱したとの報道を認めていない。

© ESPN Sports Media Ltd.