スペインGP

/ News

  • スペインGP - 土曜フリー走行

ベッテルがトップ、可夢偉3番手

M.S.
2012年5月12日
予選に向けて準備を整えたベッテル © Press Association
拡大
関連リンク

各陣営が大幅なアップデートを持ち込むヨーロッパラウンド開幕戦がシルクイート・デ・カタルーニャ(カタロニア・サーキット)にて火蓋を切り、12日(土)日本時間18時から2012年FIA F1世界選手権第5戦スペインGP土曜フリー走行が実施された。

初日の金曜日には2回行われたフリー走行の前半で地元スペイン出身のフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が1分24秒430でトップに立ったものの、ソフトタイヤが投入された後半のセッションでは振るわず14番手。代わって1分23秒399を記録したマクラーレンのジェンソン・バトンが初日の最速タイムをマークし、現地午前のセッションで2番手だったポイントリーダーのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が午後も2番手につけている。

セッションスタート時の天候は晴れ、気温27度、路面温度32度のドライコンディションだった。予選前最後の60分が始まると、ザウバーの小林可夢偉とケータハムのヘイキ・コバライネンを先頭に各車続々とコースへと向かった。

マクラーレン勢が遅れてカタロニア・サーキットを1周し、10分を待たずにすべての陣営がシステムチェックを完了。まずはマルシャのシャルル・ピックからタイム計測に入っている。

他のドライバーたちもプログラムを始動する一方で、ロータスのロマン・グロージャンはコース脇でストップ。チームは無線で燃圧が低下したと告げている。このアクシデントで一時的にイエローフラッグが振られた。

イエローフラッグが解除されると共に各車のタイムが揃い始め、序盤にはセルジオ・ペレス(ザウバー)が1分24秒台の最速タイムを記録する。開始から30分でストップしてしまったグロージャンとアロンソを除く全員がタイムを残し、暫定トップは変わらずペレス。以下パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)が上位に並び、可夢偉が6番手につけている。

アロンソはその後すぐに3番手タイムを記録するも、ベッテルがそれを上回った。同じ頃、ロズベルグがいち早くソフトタイヤに切り替えて再びガレージを後にする。ロズベルグはペレスに0.484秒の差をつけてセッション最速タイムを塗り替えた。

ラスト20分では同じくソフト側に履き替えたベルヌが1分23秒台を刻んでトップに。だが、その直後にペレスが再度タイムシートの最上部に浮上した。序盤にストップしたグロージャンのマシンはこのタイミングでガレージに戻っている。

終盤にかけていったんピットに帰還するマシンが多かったものの、ペレス、ベルヌ、ロズベルグ、ダニエル・リカルド(トロ・ロッソ)、マルドナドのオーダーで残り10分を迎える頃から徐々にコース上がにぎわい始める。

チェッカーフラッグまでの最後の作業でアロンソが2番手に飛び込み、地元スペインのファンを沸かせた。ほとんどのドライバーがコース上でプログラムを進め、次々にタイムを更新する中、セッション終了間際に可夢偉がトップに踊り出る。

しかし、その後さらにマルドナド、ベッテルが可夢偉のタイムを上回り、最終的には1分23秒168をマークしたベッテルがこのセッションのトップに立った。2番手以降はマルドナド、可夢偉、マーク・ウェバー(レッドブル)、ペレス、アロンソ、ベルヌ、バトン、キミ・ライコネン(ロータス)、ロズベルグがトップ10。上位10名のギャップは1秒以内となっている。

ロータスはグロージャンのマシンで懸命に修正作業を続け、グロージャン本人もヘルメットを着けて待機したものの、再びコースに出ることはかなわずノータイムに終わった。

スペインGP予選はこのあと日本時間21時からスタートする予定。予選もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.