スペインGP

/ News

© Peter J Fox/Getty Images
拡大

カタロニア政府がバルセロナ近郊のカタロニア・サーキットを舞台とするスペインGPの契約を1年延長することに合意、来年のF1シーズンは22戦にまで拡大する可能性が出てきた。

バルセロナは今年のレースを持って契約満了を迎えており、カレンダー落ち候補のひとつとして考えられてきた。

カタロニア当局は声明の中で、F1と2020年の延長に合意したことを明かしている。

「今回の調印により、バルセロナ・カタロニア・サーキットにおける本イベントの30年連続開催を祝うことをお約束します」

先週末にスリル満点のグランプリを主催したドイツもカレンダーから脱落する可能性が高いと言われているが、その一方で、ベトナムがハノイでのグランプリを初開催する予定に加えて、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)人気に沸くオランダでは1985年以来となるグランプリ開催が控えている。

メキシコも今年のレースで契約満了となり、政府支援を失うことから開催継続が危ぶまれていたものの、最大集客を誇るグランプリのひとつであることからF1は継続を望んでいる。

バルセロナの延長にメキシコの新契約締結となれば、2020年F1カレンダーは22戦に拡大するが、実現には参戦するチームの承認も必要だ。

ハースF1を率いるギュンサー・シュタイナーはハンガリーGPで報道陣に対し、F1が可能性を尋ねてきたと明かし、シュタイナー自身は基本的に賛同しているようだ。

しかしながら、ハースF1のように小規模チームにとってはエンジン代金をさらに支払う必要があるかもしれず、その懸念も明かしたシュタイナー。現行ルールでは1シーズンあたり、ドライバー1人につき3基のパワーユニットの使用が認められている。

「3基のエンジンにとどめておく必要がある。4基目のエンジンを投入するとなれば、われわれにとって財政的に意味をなさない。正直、われわれにはネガティブなことなので、そうする理由がないということだ」とシュタイナーは語る。

「イエスなのかノーなのか、それを言うのはエンジンメーカー次第だ。3基でやれると彼らに自信があるのなら、私は問題ない」

また、チームは以前、22レースに拡大することによるチームメンバーやその家族が抱える負担に関しても懸念を明かしていた。すでに今年は3月から12月までシーズンが拡大されている。

© ESPN Sports Media Ltd.