スペインGP

/ News

  • スペインGP - パワーユニット

ライコネンが3つのエレメントを新品に

M.S.
2018年5月16日 « 計3台のリタイアを招いたグロージャン | バンドールンとグロージャンにペナルティポイント »
© ESPNF1
拡大

シーズン第5戦スペインGPでフェラーリのキミ・ライコネンが新しいエンジンコンポーネントを使用した。

フリー走行2回目でマシントラブルに見舞われたライコネンは、内燃機関(エンジン)、ターボチャージャー、MGU-Hを交換。2018年はドライバーあたり内燃機関、MGU-H、ターボチャージャーが年間3基、エネルギー貯蔵装置、コントロールエレクトロニクス、MGU-Kが年間2基まで使用できる。それを越えて新しいエレメントを搭載する場合はグリッド降格のペナルティが科されることになる。

また、土曜フリー走行でクラッシュしたトロ・ロッソのブレンドン・ハートレーは6つのエレメント全てを新品に換えた。ほかにはマクラーレンのストフェル・バンドールンがCEを、フェルナンド・アロンソがターボチャージャーを交換している。

アゼルバイジャンGP:パワーユニット使用状況は現状維持
中国GP:2基目を投入したリカルドが優勝
バーレーンGP:Honda、復帰以来で最高のリザルト
オーストラリアGP:ボッタス、予防措置として2基目のエレメントを投入

© ESPN Sports Media Ltd.