スペインGP

/ News

© Goria/Sutton
拡大

今年初めに行ったソーシャルメディアの利用に関する緩和が成功し、F1はスペインGPでファンとの交流を深める新たな策を導入することになった。

『Liberty Media(リバティ・メディア)』の買収によって新たなオーナーを得たF1は、今年のプレシーズンテストから現地で撮った短いビデオクリップをオンラインでシェアできるようになった。以前は許されなかったことだ。ビデオの長さや投稿のタイミングについてはまだ制限が残っているものの、ルールの緩和はファンから好意的に受け止められている。

買収後CEOに就任したチェイス・ケアリーは、ソーシャルメディアの使い方を変えた利点はすでに明らかになっているといい、バルセロナでさらなる改革を行うと明らかにした。

「ドライバー、チーム、プロモーターなどがもっと自由にソーシャルメディアを使えるようにした結果、ビデオエンゲージメントのようなエリアでは3から4倍の伸びが見られた」とケアリーは述べた。「またわれわれはFIAやチームたちとの協力して、コース上の競争がファンにとって可能な限り最高の体験となるように動き始めている。スポーツがベストな状態になることを目標に掲げ、エンジン、コスト、ルールや他の大事な問題に取り組んでいるところだ」

「そのプロセスの一環として、サポートレースのようなレース週末の広いエリアを見直し、ファンの経験を改善しようと考えている。やるべきことは多いが、ここまで4戦の滑り出しは順調で、観客動員数は増え、テレビ視聴率とデジタルエンゲージメントでも良いリザルトが出ている」

「今週末のバルセロナを皮切りにシーズンのヨーロッパラウンドが始まる。そこではファンのエンゲージメントを高めるためにさらにいくつかの発表を用意している。面白くなるよ」

ケアリーは最近になって前任者のバーニー・エクレストンが任期終盤にF1の成長を妨げていたと非難し、このスポーツはあまりにも"ノー"と言うことが多過ぎたと述べている。もう一つ、今週末から導入されるものとして、マシン上のドライバー名やナンバーを大きくして視認性を高めるというルール変更がある。

© ESPN Sports Media Ltd.