スペインGP

/ News

  • スペインGP - ピレリ - 決勝

最新のタイヤ規約が生きたと喜ぶヘンベリー

Me
2016年5月16日 « マノー、ダブル完走も「やるべきことは多い」 | 今後の基盤になる結果だったとザウバー »
© Goria/Sutton
拡大

15日(日)に開催されたシーズン第5戦スペインGP決勝は2ストップ戦略を採用したレッドブルのマックス・フェルスタッペンが史上最年少優勝を遂げた。

フロントローからスタートした大本命のメルセデス勢は同士討ちで早々に姿を消し、レースはレッドブル対フェラーリの様相を呈す。各陣営がドライバー間で戦略を分け、フェルスタッペンとフェラーリのキミ・ライコネンが2ストップ、ダニエル・リカルド(レッドブル)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が3ストップを選んでいる。

レース終盤は2ストップ戦略のフェルスタッペンとライコネンが優勝争いを展開、その後方でも3ストップのベッテルとリカルドが表彰台をかけて激しいバトルを繰り広げた。リカルドは残り1周で左リアタイヤにパンクチャーを喫するも、後続に十分な差をつけていたため、ポジションを維持して4位でチェッカーフラッグを受けている。

ポール・ヘンベリー(モータースポーツディレクター)

「最後まで非常に複雑な戦略バトルが繰り広げられた。レッドブルとフェラーリの間でパワーのバランスが移り変わり、戦術もラップごとに進化した。チェッカーまでまったく予想のつかない魅力的なレースだった。シーズンの中でもひときわ輝くイベントとなるに違いない。ラスト10周にわたってドライバーたちは最後までパフォーマンスを維持するためにタイヤを管理しなければならず、これがまた興味をかき立てた。現在のコンパウンドと最新のタイヤレギュレーションでわれわれが望んだのはまさにこうしたレースだった。スペインGPはその通りの結果をもたらしたといえよう。われわれは今日、F1に史上最年少のウイナーが誕生するのを見た。その中で1つの役割を果たすことができて非常に光栄だ」

© ESPN Sports Media Ltd.