スペインGP

/ News

  • スペインGP - 決勝

ハミルトンが今季4勝目をマーク!

M.S.
2014年5月11日
激しいバトルを繰り広げたメルセデスの2台 © Getty Images
拡大
関連リンク

ヨーロッパラウンド開幕の地、スペインのカタロニア・サーキットにて、11日(日)日本時間21時から2014年FIA F1世界選手権第5戦スペインGP決勝が実施された。

前戦との間に空いた3週間で各チームが大幅なアップデートを用意するもメルセデスの快進撃は止まらず、土曜日に行われた予選でルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグがフロントローを独占している。

一方、初日からトラブルに見舞われながらも予選Q3にこぎつけたセバスチャン・ベッテル(レッドブル)はアウトラップでギアボックストラブルによりマシンを止め、決勝レースに向けてギアボックス交換を決断。15番グリッドからのスタートなった。また、フリー走行中にタイヤが脱落したトロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌはそれに対するペナルティとして10グリッド降格され、予選ノータイムだったパストール・マルドナド(ロータス)の前、21番グリッドに着いた。

オーバーテイクが難しいことで知られるこのサーキットは1周4.655km、決勝レースは66周で行われる。スタート時の天候は晴れ、気温24度、路面温度37度のドライコンディションだった。

バルセロナにはミディアムコンパウンドとハードコンパウンドの2種類のドライタイヤが持ち込まれており、ベルヌ以外の全員がスタート時のタイヤとしてミディアムを選んでいる。

シグナルが消えてレースがスタートすると、ハミルトンの後ろでロズベグがやや遅れながらも2番手をキープ。4番グリッドのバルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)がダニエル・リカルド(レッドブル)をかわして3番手に上がる。中団では8番手スタートのジェンソン・バトン(マクラーレン)が大きくポジションを下げ、1周目が終わった時点でハミルトン、ロズベルグ、ボッタス、リカルド、ロマン・グロージャン(ロータス)、キミ・ライコネン、フェルナンド・アロンソ(共にフェラーリ)、フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)、ニコ・ヒュルケンベルグ、セルジオ・ペレス(共にフォース・インディア)が得点圏内を走っている。

隊列の後ろではマルドナドがケータハムのマーカス・エリクソンに接触し、スチュワードによる審議を経てマルドナドに5秒のストップ・アンド・ゴーペナルティが科された。

先頭を行くメルセデスの2台はあっという間に後続を引き離し、ライバル勢とのバトルとは無縁の状態に。対照的に3番手ボッタスはリカルドからの猛攻を防ぎながらの走行となる。その後ろではスペインの英雄アロンソがチームメイトの後ろにぴったりつけていた。

いち早くタイヤ交換に動いたのは13番手に上がっていたベッテルで、13周目にミディアムからハードに履き替えてコースに復帰した。続いてボッタスを攻略できなかったリカルドが15周目にピットイン。そこから1回目のピット作業へ動く陣営が増え、2台が連なって走っていたフェラーリは17周目にアロンソを先に呼び戻す。

18周目にライコネンがタイヤを交換した翌周にラップリーダーのハミルトンもピットへ入り、スタート時のタイヤで粘っていたロズベルグとボッタスの間、2番手に戻る。ほどなくして2人もピットインし、ボッタスはひとつポジションを下げてリカルドの後ろで隊列に復帰した。

中盤に向かうトップ10のオーダーはハミルトン、ロズベルグ、リカルド、ボッタス、グロージャン、ライコネン、アロンソ、マッサ、ベッテル、ヒュルケンベルグに。第2スティントにはミディアムをチョイスしたドライバーが多いが、ロズベルグやベッテル、11番手ペレスはハードを履いている。18番手に上がっていた小林可夢偉(ケータハム)は24周目に最初のピットストップを行った。

相変わらずの独走態勢を続けるメルセデスの後方で6番手ライコネンがグロージャンをかわし、アロンソも僚友に続いてグロージャンをパス。また、8番手マッサからベッテル、ヒュルケンベルグ、ペレスがそれぞれ1秒以内の接戦を繰り広げている。

マッサは29周目に2回目のピット作業へ向かう。これをきっかけに隊列はややバラけたが、ペレスはチームメイトから1秒以内のところを走り続けていた。

34周目に動いたベッテルはミディアムに戻して翌周にピットインしたグロージャンに先行する。アロンソが36周目にタイヤを交換するが、もう1台のフェラーリを駆るライコネンはしばらくコース上にとどまっていた。その間にもベッテルは前を行くライバルたちをオーバーテイクし、アロンソの後ろ7番手で落ち着く。

ブレーキの異変を訴えていた可夢偉は37周目にマシンをガレージに収め、序盤にリタイアしたベルヌに続く2台目のリタイアとなってしまった。

ハミルトン、ロズベルグ、リカルド、ボッタス、ライコネンのトップ5はタイヤ交換のタイミングを遅らせ、43周目から44周目にハミルトンとライコネンがハードタイヤを投入。残るロズベルグ、リカルド、ボッタスも続く周回でピットへ入り、すでに2種類のタイヤを使っているロズベルグはラストスティントにミディアムを選んだ。

レースはハミルトン、ロズベルグ、リカルド、アロンソ、ベッテル、ボッタス、ライコネン、グロージャン、ヒュルケンベルグ、ペレスの並びで終盤を迎える。序盤からずっときん差での走行が続いていたフォース・インディアコンビは、2回目のピットストップでミディアムを選んだペレスがハードを履くヒュルケンベルグを52周目にかわしていった。

53周目に3度目のピットストップをこなして7番手で戻ったベッテルは、続く周回で同じく3回目のタイヤ交換を終えたアロンソの前に出ることに成功。タイヤの新しいベッテルは5番手ライコネンもパスし、次の狙いを4番手ボッタスに定める。

その頃、トップでもロズベルグがハミルトンとの差をひたひたと縮め、60周目に2人のギャップは1位秒以内に突入した。同じくチームメイト対決が熱いのはフェラーリで、アロンソがライコネンのDRS圏内で隙をうかがう。

相棒よりもタイヤの古いライコネンはよく抑えたものの、フェラーリのチャンピオン対決は64周目にアロンソが前に出る形で決した。また、やはり1秒以内だった4番手ボッタスと5番手ベッテルの攻防はベッテルに軍配が上がっている。

メルセデスの2人はファイナルラップまで大バトルを繰り広げるも、トップチェッカーを受けたのはポジションを守り切ったハミルトンで、スペインGPの勝利をもってドライバーズ選手権のランキング首位はロズベルグからハミルトンに変わっている。

3位のリカルド以降、ベッテル、ボッタス、アロンソ、ライコネン、グロージャン、ペレス、ヒュルケンベルグがポイントを獲得。11位のバトンからケビン・マグヌッセン(マクラーレン)、マッサ、ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)、マルドナド、エステバン・グティエレス、エイドリアン・スーティル(共にザウバー)、ジュール・ビアンキ、マックス・チルトン(共にマルシャ)、エリクソンまでが完走を果たした。

次戦はカレンダーでも最も華やかなレース、第6戦モナコGP。最初のセッションである木曜フリー走行1回目は22日(木)日本時間17時スタート予定だ。次戦もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.