スペインGP 2018

/ Commentary

レース

21:30 2018年F1世界選手権第5戦スペインGP決勝レースはこの後、日本時間22時10分にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

22:00 これより2018年F1世界選手権第5戦スペインGP決勝レースの模様をお届けいたします。ヨーロッパラウンドが幕を開け、各チームがアップグレードを投入した今週末、ピレリがトレッドを薄くした新しいコンパウンドを持ち込んだこともあり、初日はマシンやタイヤの感触をつかむのに苦労している陣営もいましたが、何とか準備を整えて予選に挑みました。

22:01 フリー走行を通してトップタイムを記録してきたメルセデスは予選に入ってライバルに後れを取る様子も見せていたものの、ポールシッターが決まるQ3では2人のドライバーが好ペースを披露。

22:02 ポールポジションはルイス・ハミルトンが手に入れたものの、2番手に入ったバルテリ・ボッタスはチームメイトに0.04秒しか遅れていません。今シーズン初めてのフロントロー独占を果たしたメルセデスがレースではダブル表彰台を狙います。

22:03 2列目に並ぶのはフェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネン。予選Q3はスーパーソフトで思うようなタイムが出ず、ラストアタックにはソフトタイヤを履いて挑みました。

22:04 3番手チームは今回もレッドブル。こちらもQ3序盤のアタックはあまりパフォーマンスを引き出せていませんでしたが、マックス・フェルスタッペンが5番手、0002秒差でダニエル・リカルドが6番手でした。

22:05 前戦のアゼルバイジャンGPで接近戦を繰り広げた末に同士討ちを喫したレッドブル勢。今週末はエキサイティングなバトルを展開する一方で、クリーンなレースでチームに大量点をもたらしたいところです。

22:06 "レスト・オブ・ザ・レスト"のポジションを確保したハースF1はケビン・マグヌッセンが7番手から、ロマン・グロージャンが10番手からスタートします。

22:07 8番グリッドに並ぶのは今年初のQ3進出を果たしたマクラーレンのフェルナンド・アロンソです。母国スペインでさらなるポイント獲得を目指し、決勝レースに挑みます。相棒のストフェル・バンドールンは惜しくもQ2で姿を消しましたが、タイヤ選択が自由な11番手スタート。

22:08 トロ・ロッソのピエール・ガスリーがバンドールンの後方12番グリッドに並びます。土曜フリー走行でクラッシュを喫し、マシン修復が間に合わずに予選に参加できなかったブレンドン・ハートレーはスチュワードからレース出走の許可を得て最後尾グリッドから長く厳しいレースに臨みます。

22:09 スタート時刻を迎えるバルセロナは日曜日も曇り空。ただ、現在は晴れ間も見えています。気温は15度、路面温度35度、湿度55%、今日も風が強く吹くコンディションです。

22:10 フォーメーションラップが始まりました。

22:12 ハミルトンがポールポジションに到着。緊迫のレーススタートに注目です・・・!

1周目

シグナルが消えてレースが始まりました! 各車が一斉にグリッドを離れます。

ターン1にかけてベッテルが2番手に上がります! ボッタスはややワイドにふくらんで3番手に後退。

その後、10番手スタートのグロージャンが単独スピンを喫し、そこに突っ込む形でヒュルケンベルグとガスリーが巻き込まれてしまいました!

セーフティカーが出動!

2周目

グロージャンはコーナーへの飛び込みでリアを失ったようで、激しくタイヤをロックアップ。タイヤスモークが上がる中、コースを横切る格好となってしまい、行き場のないヒュルケンベルグとガスリーがハースF1マシンにぶつかって無念のリタイアとなりました。

スタート直後のリプレー映像を見ると、トップ10スタートだったアロンソとサインツもグリップに苦戦したのか、コースを飛び出し、2台が接触したようにも見えます。

また、グロージャンはスピンを喫する直前、前にいたマグヌッセンに突っ込みかけており、接触を回避するためにハードブレーキングをかけた結果、スピンに至った模様。

3周目

ガスリーはトラフィックの中で何とかトラブルに巻き込まれぬようにマシンをコントロールしていたものの、グロージャンのマシンの動きは予測できず、為す術がない状態でぶつかってしまいました。

コース上ではリタイアしたルノーマシン、トロ・ロッソマシン、ハースF1マシンの撤収作業が急がれています。

4周目

レースはセーフティカーが先導したまま、4周目に入っています。クラッシュした3人のドライバーはいずれも無事。

先頭はハミルトン、ベッテル、ボッタス、ライコネン、フェルスタッペン、リカルド、マグヌッセン、サインツ、ルクレールが9番手に上がり、オコンが10番手につけています。

5周目

オープニングラップのインシデントを受けてセーフティカーが出動したタイミングでトロ・ロッソのハートレーとウィリアムズのセルゲイ・シロトキンがピットストップを終えています。

6周目

グロージャンがからんだターン3でのインシデントはレース後に審議されることになりました。

レースコントロールより、このラップでセーフティカーを解除するとの通達がありました。リスタートに向けて、すべてのドライバーが準備を進めています。

セーフティカーラインを通過してレースが再開されました!

7周目

ハミルトン、ベッテル、ボッタス、ライコネン、その後ろにレッドブル勢が続いていきます。

フェルスタッペンがライコネンにプレッシャーをかけています! ターン1はライコネンがポジションを死守。

マグヌッセンとサインツ、オコンとアロンソがサイド・バイ・サイド! アロンソはオコンをオーバーテイクして10番手に上がっています。

8周目

アロンソは続いてルクレールをロックオン! ザウバーを駆るルクレールは必死にマシンを操り、前にいるサインツに食らいついていきます。

9周目

ハミルトンが快調に飛ばしています。2番手のベッテルに対するリードは2.5秒。

ボッタスやライコネン、レッドブル勢はベッテルに離されずについていっています。

10周目

ベッテルはペースが上がらないのか、後方のボッタスの方がラップタイムは良いようです。

11周目

ハミルトンに4秒以上遅れてしまったベッテル。ボッタスは早いうちにベッテルをかわしたいところですが、チャンスをつかめるでしょうか。

12周目

フェラーリはライコネンもそれほどペースが上がっておらず、レッドブル勢が追い抜きの機会を狙っています。

上位6台と7番手のマグヌッセンの間は5秒以上のギャップがありますが、そこから後ろはまだ団子状態。

13周目

太陽が顔を隠し、少し雲が増えているサーキット上空。ただ、雨が降る気配はありません。

14周目

1分21秒台に入れて飛ばすハミルトンはリードを6秒近くに拡大。ベッテルとボッタスは1.3秒の間隔で走っており、その3.3秒後方にライコネンがいます。

15周目

1秒以下の接近戦を繰り広げているのは12番手のストロールからペレス、バンドーンの3人。

ルクレールに2.6秒離されたアロンソはオコンからプレッシャーを受けています。

16周目

ハミルトンのリードはさらに大きくなって7秒に。ベッテルよりも0.5秒ほど速いラップタイムで引き離しにかかります。

17周目

ストロールを追いかけていたペレスにバンドーンが接近中。ストレートでスリップに入りましたが、並ぶことはできません。

18周目

ベッテルがピットイン! 選んだタイヤはミディアムです! タイヤ交換を終えたベッテルはマグヌッセンの後方7番手の位置で隊列に復帰しました。上位勢から11秒以上遅れるマグヌッセンの後方に引っかかってしまうと、難しい状況に直面することになるため、早い段階で追い抜きたいところです。

19周目

フェラーリとしてはマグヌッセンの前で戻したかったと思われますが、ベッテルはマグヌッセンの1秒後ろでオーバーテイクのチャンスを探っています。

20周目

メルセデスが動きます。最初に入ってきたのはボッタス! ベッテルとの位置関係は・・・。

ピットレーンを出てきたボッタスの隣にマグヌッセンとベッテルが・・・! このチャンスにマグヌッセンを追い抜いたベッテルが前、マグヌッセンの後ろにボッタスが並びます。

21周目

ベッテル対策に動いたメルセデスですが、ピットストップでの逆転はならず。

22周目

ハミルトンが先頭を守り、ライコネン、フェルスタッペン、リカルド、ベッテルと続いて、ボッタスがマグヌッセンをかわして6番手に上がりました。

ボッタスがファステストラップを刻んでベッテルとの距離を一気に詰めます。

ピットレーンが慌ただしくなってきました。マクラーレンがアロンソのタイヤをミディアムに交換。トップ10スタートの中では唯一、スーパーソフトを履いていたアロンソ。

23周目

ベッテルとボッタスのギャップは1.5秒、タイヤは同じミディアムです。コンマ数秒速いボッタスがフェラーリマシンに近づいてきています。

24周目

ベッテルとボッタスのギャップがまもなく1秒を切ります・・・。

25周目

そして前方ではフェルスタッペンがライコネンをロックオン!

ライコネンはトラブルがあるようで、ピットレーン入り口手前でピットに向かおうとする仕草を見せていました。その間にフェルスタッペンが前に出て、さらにリカルドも追い抜いていきます。

ライコネンがスローダウン! まだ走行を続けていますが、8番手まで下がりました。

26周目

ハミルトンがピットに入ってタイヤを交換。フェルスタッペンの後ろ、見た目は2番手の位置でコースに復帰しました。選んだコンパウンドはミディアムです。

サインツのピットストップが完了する頃、ライコネンがピットに戻ってきました。ただ、そのままマシンをリアからガレージに入れています。

27周目

まだレッドブル勢はステイアウトを続けています。

ハミルトンはミディアムに履き替えてもペースは落ちていません。

28周目

1分20秒131のファステストラップを刻んだハミルトン。まだピットに入っていないフェルスタッペンより1秒速いペースで、2人の差は2.3秒です。

29周目

リプレー映像でエリクソンとサインツの激しいバトルの様子が映し出されています。ザウバーに襲いかかるサインツ、ターン1への飛び込みはサイド・バイ・サイドに持ち込むも、追い抜けず。

30周目

フォース・インディアのオコンがピットに向かいました。

サインツの後方にいるルクレールにはアロンソがプレッシャーをかけています。

31周目

前方ではハミルトンがフェルスタッペンに接近中! その差は1秒を切っています!

先ほどピットインしたオコンは右リアタイヤの交換がうまくいかず、ホイールの内側に何かがスタックしていたようで、かなりのタイムを失ってしまいました。何とかタイヤを履き替えて、最後尾で隊列に復帰しています。

32周目

ホームストレートでサインツガエリクソンのスリップに入る! しかし、エリクソンがうまく防御してポジションを譲りません!

33周目

フェルスタッペンとハミルトンのバトルは0.5秒から0.7秒のギャップながら、ハミルトンにはまだ追い抜くチャンスが訪れず。

マグヌッセンがここでピットに向かいます。

ハースF1はミディアムタイヤを用意して準備。タイヤを交換したマグヌッセンは6番手の位置でコースに戻っています。

34周目

リカルドがピットに入りました。こちらもミディアムタイヤを履いてコース復帰。ボッタスの15秒後ろにつき、さらに後方のマグヌッセンまでは30秒以上のギャップがあります。

35周目

そしてフェルスタッペンもタイヤ交換に向かいます。ソフトからミディアムに交換。

ピットレーンでフェルスタッペンの前に入ったのは周回遅れのハートレーです。

コースに戻ったフェルスタッペンはボッタスとリカルドの間4番手の位置。

36周目

クリーンエアを得たハミルトンは2番手のベッテルに10秒以上のリードを築いており、タイヤをケアしながらペースをコントロールしていきます。

37周目

ミディアムタイヤでスタートしたエリクソンが最初のピットストップを完了。ソフトタイヤに履き替えています。

38周目

先頭のハミルトンと2番手のベッテルは10.8秒差、ベッテルに2.4秒遅れてボッタスが3番手につけ、フェルスタッペンはさらに8秒後方でチームメイトのリカルドには9秒近いリードを保っています。

39周目

ライコネンが離脱したトップ3チームに次ぐ位置はマグヌッセンがキープしていますが、5番手のリカルドまでも30秒以上の差があります。

マグヌッセンは7番手のサインツに20秒のリードを築いており、単独走行の状況。

40周目

サインツから後ろはそこまで大きなタイム差がなく、ルクレールが2.8秒差、アロンソはそのリアにピタリとつけ、ペレス、ストロール、エリクソン、バンドールン、ハートレー、オコン、シロトキンが16番手で最後尾です。

41周目

お? フォース・インディアが1台、コース脇にマシンを止めています・・・。トラブルが起きた様子なのはオコンです。

バーチャルセーフティカーが発令されました。

オコンのフォース・インディアマシンはリアから白煙を上げて停車。「ノーパワー、パワーがない」と報告したオコンはコースマーシャルがいるところまでマシンを運んでコックピットを離れています。

42周目

ベッテルが2度目のピットイン。

バーチャルセーフティカーが発令されているためプッシュできない状態でのピットストップとなってしまい、ピットアウトしたベッテルはフェルスタッペンの後方につきました。

43周目

バーチャルセーフティカーが解除されました。

ハミルトン、ボッタス、フェルスタッペン、2回目のピットストップでもミディアムタイヤを選んだベッテルが4番手につけ、リカルドが5番手。

なんと、バーチャルセーフティカー中にシロトキンとフェルスタッペンが交錯したようで、フェルスタッペンはフロントウイングのエンドプレートを破損、シロトキンはタイヤにダメージを抱えてスピンを喫してしまいました。

44周目

シロトキンは何とかピットにたどり着いてタイヤを交換。

フェルスタッペンはそのまま走り続けています。

45周目

フェルスタッペンの破損したフロントウイングの一部はマシンから外れているようです。

46周目

先頭を走るハミルトンと2番手に上がったボッタスのギャップは14秒。フェルスタッペンはボッタスの11秒後方です。

47周目

今度はマクラーレンにトラブル! バンドールンがホームストレート終盤、ピットレーンの出口前にマシンを寄せます。エンジントラブルに見舞われたようで、バンドールンはすでにマシンを降りました。

48周目

ハミルトンのラップタイムが1分19秒台に入ってきています。

49周目

一方でボッタスは1分21秒台にペースが落ちていますが、周回遅れの対応が必要だったのかもしれません。現在のラップではセクター1でファステストを刻んでいます。

50周目

ここまでにラップダウンを強いられているのは7番手のサインツまで。

ホームストレートでフェルスタッペンがアロンソを周回遅れにしていきました。

51周目

同一周回の上位6台は3番手のフェルスタッペンと4番手のベッテルが2.6秒差で最も接近しており、それ以外は10秒以上のギャップがあります。

52周目

先頭のハミルトンは現在のタイヤセットで26周、ボッタスは32周を走破しています。

53周目

最初のピットストップではベッテルに続いてタイヤを交換したメルセデスですが、第2スティントはフェラーリを追わずにステイアウトを続けています。

54周目

メルセデスやフェラーリとは異なる戦略を採用したレッドブルは今のミディアムタイヤを履いてフェルスタッペンが18周、リカルドが19周です。

55周目

カタロニア・サーキット上空には一部、灰色の雲がかかっているものの、ホームストレート付近は太陽の光が路面を照らしています。

56周目

多くのドライバーが自己ベストタイムを更新し始めています。

ファステストラップを塗り替えたのはリカルド。1分19秒093を記録しています。

57周目

残り周回は10周! トップ3に並ぶメルセデスの2台とフェルスタッペンは1ストップ戦略で乗り切るようです。

2回のピットストップを実施し、4番手につけるベッテルはフェルスタッペンの2.3秒後方で逆転のチャンスを探ります。

58周目

9番手につけるルクレールにペレスが接近中。その差は0.8秒です。

さらに後方ではエリクソンとハートレーが接近戦。こちらも0.7秒の間隔で競り合っています。

59周目

ペレスがルクレールをオーバーテイク! 9番手に上がりました。

60周目

ラップリーダーのハミルトンはマグヌッセンも周回遅れにして、あとはチェッカーを目指すのみ。

61周目

フェルスタッペンとベッテルの攻防戦は2.5秒前後のギャップで継続中。

62周目

ペレスはルクレールとの接近戦に決着をつけましたが、もう1台のザウバーを追いかけるハートレーはまだコンマ数秒後ろでオーバーテイクのチャンスを待っています。

63周目

リカルドが再びファステストラップを更新しましたが、前のベッテルとは20秒以上離れており、残り周回での逆転は可能性薄・・・。

64周目

メルセデスの無線を聞くと、どうやらボッタスは燃料をセーブしなければならない状況のようです。

その少し前にはサインツがエンジントラブルの可能性を伝えており、ペースは前後のマシンと比べてもかなり落ちてきています。

65周目

7番手を走るサインツの後ろにはアロンソがいます。先ほどまで7秒ほどあったギャップはすでに5秒を切り、残りは2周・・・!

66周目

ハミルトンがファイナルラップに入りました!

ボッタスが2番手で最後のラップに入り、フェルスタッペンは6.2秒後方。その1.4秒差のところにベッテルがいます!

マクラーレンとアロンソは猛チャージをかけてサインツとのギャップを縮めていますが、まだ3.9秒あります・・・!

一足先にチェッカーを受けて勝利をゲットしたのはハミルトン!

ボッタスが2位、フェルスタッペンが3位でゴールして表彰台に上ります。ベッテルは最後に0.7秒差まで迫りましたが、4位フィニッシュにとどまりました。

5位にリカルド、以下、マグヌッセン、サインツ、アロンソ、ペレス、ルクレールがポイントを獲得しています。

完走は11位から順にストロール、ハートレー、エリクソン、シロトキンでした。

ヨーロッパラウンド初戦を終えたF1サーカスは2週間後に伝統の一戦で再び顔を合わせます。モンテカルロの市街地コースを舞台に激闘が繰り広げられるシーズン第6戦モナコGPは24日(木)に開幕。例年通り、モナコでは木曜日に初日を迎え、2回のフリー走行が実施されます。初回セッションは日本時間18時にスタート予定です。また次回モナコGPでお会いしましょう!