スペインGP 2018

/ Commentary

フリー走行2

2018年F1世界選手権第5戦スペインGP金曜フリー走行2回目のセッションはこの後、日本時間22時にスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2018年F1世界選手権第5戦スペインGP金曜フリー走行2回目の模様をお届けいたします。初回セッションはソフトタイヤの評価に専念したメルセデスのバルテリ・ボッタスが1分18秒148を刻んでトップに立ちました。

2番手にはチームメイトのルイス・ハミルトンが入りましたが、ギャップは0.849秒。ハミルトンはセッション後半にミディアムタイヤの走行に集中しており、ボッタスとは異なるプログラムに取り組んでいました。

ヘイロー搭載型ミラーを投入したことで話題のフェラーリはセバスチャン・ベッテルが3番手、キミ・ライコネンは5番手のタイムを残しています。

レッドブルはダニエル・リカルドがクラッシュを喫して出鼻をくじかれた格好となりましたが、マックス・フェルスタッペンが4番手につけて最初のフリー走行を締めくくりました。

快晴に恵まれるカタロニア・サーキット。気温23度、路面温度41度、湿度49%のコンディションで間もなくセッションが始まります。

ピットレーンがオープンしました。

ハースF1のロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンがコースイン。

ウィリアムズのセルゲイ・シロトキンが始動しました。初回セッションはロバート・クビサにマシンを貸し出していたため、シロトキンはこれが本日初登場。

トロ・ロッソのブレンドン・ハートレーが合流しました。

ハースF1はグロージャンがミディアム、マグヌッセンがソフトタイヤを履いています。

シロトキンはスーパーソフトで始動。

バルセロナにミディアム、ソフト、スーパーソフトのドライタイヤを用意したピレリ。ウィリアムズは2人のドライバーともソフトが1セットのみのタイヤ選択です。

すでに4台がタイムを記録し、1分21秒164をマークしたマグヌッセンがトップに立っています。

おっとっと・・・グロージャンがスピンを喫してグラベルへ・・・!

バーチャルセーフティカーが発令されました。

グロージャンはターン7でリアを失ったようで、そのままグラベルに横滑りして停車・・・。思わず「ちくしょう・・・」とぼやきました。

グロージャンは1分21秒454のベストタイムを残して2番手につけていますが、できるだけ多くの周回を重ねておきたいタイミングで厳しい状況に直面することになりました。

インストレーションラップに臨んでいたドライバーたちはいったんピットに戻り、すでにタイム計測を終えていた面々はコースにとどまって走行を続けています。

ピットレーンに戻ってきたグロージャンは少々荒れている様子・・・。

バーチャルセーフティカーが解除されました。

このタイミングでベッテルやボッタスがコースに向かいます。

初回セッションでクラッシュを喫したリカルドも無事にマシン修復が完了したようで、ガレージを出発しています。

インストレーションラップを完了したドライバーから順にタイム計測をスタートさせています。

リカルドが1分20秒台を刻んだ後、ベッテルが1分19秒421をマーク。どちらもソフトタイヤを履いています。

セッション開始から15分、まだマクラーレンのストフェル・バンドールンだけは姿を見せていません。

フェルスタッペンが1分19秒050でまとめてトップタイム! ボッタスが0.166秒差で2番手に飛び込みました。

ベッテルが3番手、ハミルトンは4番手にいます。

ベッテルがコンマ数秒を削って2番手にポジションアップ。フェルスタッペンとのタイム差はわずかに0.024秒です。

フェルスタッペンが1分18秒台に入れ、ハミルトンもペースを上げてきました。ただ、0.187秒届かずポジションは2番手です。

フェラーリのライコネンはまだラップをまとめられておらず、19番手の位置にいます。

そのライコネンが1分19秒212を刻んで5番手に上がってきました。

2番手に浮上したボッタスがピットに戻ります。トップのフェルスタッペンとは0.183秒差、3番手のハミルトンとは1,000分の4秒しかギャップがありません。

ハミルトンはセクター1とセクター2をファステストで通過しており、大きくタイムを改善しそうです。

コントロールラインを通過したハミルトンのタイムは・・・1分18秒259! トップタイムを塗り替えました。

ライコネンもペースアップに成功、3番手にポジションを上げています。トップのハミルトンとは0.570秒差。

メルセデス勢など序盤の走行プランを終えた各車はピットに帰還。次の走行に向けて準備を進めています。

ハミルトン、フェルスタッペン、ライコネン、ボッタス、ベッテルのトップ5につける面々はいずれもピットに引き上げています。

失った走行時間を埋め合わせたいリカルドはコースにとどまり、すでに10周を走破。

ザウバーのエリクソンとウィリアムズのシロトキンはそれよりも2周多く走っています。

ほとんどのドライバーがガレージにマシンを入れる中、リカルド、ペレス、ヒュルケンベルグの3人がコース上。

リカルドが1分18秒392を刻んで2番手にポジションアップしました。ハミルトンとの差は0.133秒に縮まっています。

ようやくガレージを離れたマクラーレンのバンドールンがタイム計測を開始しました。

セッションが始まって30分。バンドールンは1分20秒台のタイムで13番手につけました。

トップはハミルトン、リカルド、フェルスタッペン、ライコネン、ボッタス、ベッテル、マグヌッセン、ペレス、アロンソ、オコンがトップ10に名を連ねています。

メルセデス勢がスーパーソフトに切り替えてコースに出ています。

ボッタスは好ペースを見せていましたが、途中、わずかにコースをはみ出してしまい、思うようにタイムを伸ばせませんでした。

それでも1分18秒644でまとめたボッタスは3番手にあがっています。

グロージャンのマシンがハースF1のガレージに戻ってきました。グロージャンはガレージ後方でその様子を見守っています。

ハミルトンもスーパーソフトタイヤでクイックラップを走っていますが、こちらもコースを飛び出してしまいました・・・。事なきを得たものの、グリップに苦戦している様子。

レッドブルのフェルスタッペンもスーパーソフトタイヤに交換してコースイン。

ソフトタイヤで最初の走行プランを継続中のバンドールンが9番手にポジションを上げています。ミディアムで走っていたチームメイトのアロンソよりも、わずかに0.039秒速くラップをまとめました。

バンドールンはさらにペースを上げて7番手に浮上。トップとの差は1.483秒です。

リカルドもスーパーソフトタイヤに履き替えてガレージを出発。

ライコネンも同様です。まだベッテルはガレージにとどまっています。

フェルスタッペンが1分18秒533をマーク。3番手にポジションを上げています。

ただ、今のところハミルトンが残したトップタイムを上回るドライバーはいません。

ベッテルもスーパーソフトタイヤに履き替えてガレージを離れています。

フェラーリやレッドブルは引き続きパフォーマンスを見いだそうとプッシュしているようですが、自己ベストの更新も難しい模様。

90分のセッションは半分が終了。

トップ5のオーダーはハミルトン、リカルド、フェルスタッペン、ボッタス、ライコネン。

ベッテルが自己ベストを更新してきました。1分18秒585でまとめてポジションは4番手。

メルセデスだけでなく、ライバルチームもスーパーソフトを機能させるのに手こずっているようです。

グラベルトラップに出かけるはめになった次なるドライバーはライコネン・・・。ターン4でコースを飛び出しました。幸い、バリアとの接触は免れてコースに復帰しています。

ライコネンは仕切り直しのラップを走ろうとしていましたが、セクター1の途中でペースを落としたようで、すでにベストタイムからは1.5秒ほど遅れています。

ハースF1のグロージャンがガレージを離れました! どうやらダメージは大きくなかったようで、スーパーソフトタイヤを装着してコースイン。

グロージャンはアウトラップを完了してタイム計測に入っています。

フェラーリにトラブル発生・・・。ライコネンにマシンを止めるよう指示が出ています。

ただ、ピットレーンの入り口が近く、ライコネンはなんとかそこまでマシンを運びきりました。

走行中、リアから白煙が上がったフェラーリマシン。ライコネンはピットレーンにたどり着き、チームクルーに迎えられてガレージに戻りました。

フェラーリのガレージでは慌ただしく調査がスタート。残りの時間でコースに戻れるでしょうか。

スーパーソフトでロングランに入っているメルセデス勢はハミルトンが1分23秒前半、ボッタスは1分22秒後半のペースを維持しています。

レッドブル勢はフェルスタッペンが1分22秒後半とボッタスに似たラップタイムを刻んでいます。

初日のセッションは残り30分。ピットに戻っていたベッテルがユーズドのスーパーソフトでコースに向かいました。

リカルドのラップタイムは1分23秒前半。チームメイトよりもコンマ数秒遅いようですが、マシンに積んでいる燃料量が不明なため、確定的なことは分かりません。

現在は17台がコース上。トラブルに見舞われたライコネン以外ではボッタスとグロージャンがピットに戻っています。

フェラーリによると、ライコネン車のトラブルはテレメトリーのデータを見る限り、パワーユニットエリアに不具合があったとのこと。

メルセデスはボッタスのタイヤをミディアムに戻してコースに送り出しています。

チームメイトのハミルトンはソフトタイヤに履き替えました。

ほとんどのチームがレースシミュレーションに励んでおり、タイムシートに目立った変化はありません。

レッドブルはフェルスタッペンのタイヤをソフトに交換。

フェルスタッペンは1分21秒台のラップタイムで周回を重ねています。

リカルドもスーパーソフトからソフトに履き替えました。

今度はペレスにハプニングが・・・。ターン9付近でストップしてしまいました。

ピットストップを終えたばかりだったペレス。リプレー映像を見ると、左フロントタイヤの装着が完了していなかったようで、走行中にタイヤがルーズになってしまいました。

ペレスはマシンをコース脇に止めており、バーチャルセーフティカーが発令されています。

ペレスからフロントホイールがゆるんだとの報告を受けたフォース・インディアは「ピットに戻れるか」と問いかけ、ペレスは一度、動き出しましたが、改めて停車し、コースマーシャルの手を借りてコース外にマシンを出します。

バーチャルセーフティカーが解除されました。

ライコネン、ペレス、エリクソン以外のドライバーは引き続き周回を重ねています。

おっとっと・・・フェルスタッペンがスピン。ターン2でリアを失ったようです。ランオフエリアに飛び出しましたが、無事に走行を再開。

一時的に黄旗が振られましたが、フェルスタッペンのコース復帰にともなって解除されています。

ソフトタイヤを履いてロングランに取り組むハミルトンやベッテル、レッドブル勢は1分21秒半ばのタイムを刻んでおり、タイヤセットの周回数に違いはあるものの、ラップタイムはさほど差がありません。

21周を走ったミディアムタイヤのセットを使うボッタスは1分27秒台。

リカルドはこのセッションで40周を走破しています。

ここでセッション終了です。

トップタイムはハミルトンがマークした1分18秒259。リカルドが2番手、フェルスタッペンが3番手で初日を締めくくりました。

土曜フリー走行は12日(土)日本時間19時に開始予定。それではまた明日お会いしましょう!