シンガポールGP

/ News

  • シンガポールGP - 決勝

アロンソ2連勝! ハミルトンと可夢偉がリタイア

Kay Tanaka
2010年9月26日 « シンガポール、ターン10の安全性を擁護 | スーティルとヒュルケンベルグにタイム加算ペナルティ »
最後までベッテルを抑え込んで2連勝を果たしたアロンソ © Getty Images
拡大
関連リンク

26日(日)日本時間21時(現地時間20時)から2010年F1世界選手権第15戦シンガポールGP決勝レースが、シンガポール市街地サーキット(全長5.073km)で行われた。ナイトレースとして照明下で争われるシンガポールGP決勝の周回数は61周、レース距離は309.316kmとなっている。

27日(土)に行われた公式予選では、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)がイタリアGPに続いて2戦連続ポールポジションに輝いた。2番手にセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、3番手にルイス・ハミルトン(マクラーレン)が続き、ドライバーズ選手権首位のマーク・ウェバー(レッドブル)が5番手。小林可夢偉(BMWザウバー)は見事Q3に進出し、10番手を手にした。

レーススタート時のコンディションは気温30℃、路面温度31℃のドライ。今週末のシンガポールGPにブリヂストンはスーパーソフトコンパウンド(オプション/ソフトタイヤ)とミディアムコンパウンド(プライム/ハードタイヤ)という2種類のタイヤを投入した。

ピットレーンからのスタートを選択したハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)以外の23台がフォーメーションラップを開始。上位勢をはじめとする多くのマシンがオプションタイヤでのスタートとなった。

23台のマシンがグリッドについてレーススタート! アロンソ、ベッテル、ハミルトンはポジションを守り、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、ウェバーが続いた。6番手スタートのルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)が8番手に後退し、ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、ロバート・クビサ(ルノー)がポジションを上げた。可夢偉はヴィタリー・ペトロフ(ルノー)にかわされ11番手となった。

予選でマシントラブルを抱えて24番手スタートになったフェリペ・マッサ(フェラーリ)は、セーフティカー導入の可能性を考慮したのかオープニングラップを終えたところでピットインしタイヤを交換。今週末からF1復帰を果たしたニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)は1周目にウイングを壊して緊急ピットインを行った。またビタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)が2周目に左リアサスペンションを破損してマシンを止めている。

リウッツィがコース上でマシンを降りたため、レースは4周目からセーフティカーが導入されることになった。上位勢ではウェバー、中団勢から下位勢はほとんどのマシンがピットインし、タイヤ交換義務を果たした。

レースは6周目直前からリスタート。一足早めにピットに入っていたマッサは15番手までポジションを上げ、ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)とペトロフがポジション争いをしてコースオフする間に14番手に浮上した。

先頭を走るアロンソは7周目に1分53秒117というファステストラップをたたき出し、2番手ベッテルとのタイム差を1.3秒に広げた。3番手ハミルトンはベッテルから1.7秒後方につけており、ハミルトンと4番手バトンの差は2.4秒に広がっている。

可夢偉はウェバーにオーバーテイクされて10番手に落ちたが、11番手のグロックが後方集団を抑える走りを継続し、15周目の時点で可夢偉とグロックのタイム差が12秒に広がった。その周でようやくスーティルがグロックをかわしたが、12番手のグロックの後ろにはヒュルケンベルグ、マッサ、ペトロフ、セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)、アルグエルスアリが抑えられる格好だ。

トップを走るアロンソは16周目に1分51秒520というファステストラップを刻み、ベッテルとのギャップを3秒に広げた。一方、3番手ハミルトンはペースが鈍り、ベッテルから6秒遅れ。トップ2台からは少し離されてしまった。可夢偉は前を走るミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)とほぼ同じ1分54秒台を保ち、後ろのスーティルとのタイム差を14秒として18周目に入った。

上位勢で最初にピットに入ったのは3番手のハミルトン。28周目の終わりにピットに向かい、オプションからプライムに交換した。翌周には首位アロンソと2番手ベッテルが同時ピットイン! 両チームのピットクルーはほぼ同じロスタイムで送り出し、2人の順位は変わらなかった。4番手のバトンもタイヤ交換を行っている。

単独クラッシュの後、ブルーノに追突されレースを終えた可夢偉 © Sutton Images
拡大

可夢偉は周回遅れのマシンを利用してシューマッハに仕掛けたが、わずかに接触。シューマッハはその周にピットに入ったが、可夢偉は走行を継続した。しかし、ターン18でコントロールを失いガードレールにヒット。そこにブルーノ・セナ(HRT)が追突し、両者リタイアとなってしまった。

32周目からこの日2回目のセーフティカー導入となり、上位勢ではクビサとバリチェロがピットイン。この時点のオーダーは首位アロンソ以下、ベッテル、ウェバー、ハミルトン、バトン、ロズベルグ、クビサ、バリチェロ、スーティル、ヒュルケンベルグまでがトップ10。マッサ、ペトロフ、アルグエルスアリ、ハイドフェルド、シューマッハと続いている。すでに全車両が最低1回のピットストップを終えている。

35周目の終わりにセーフティカーが戻り、レースはリスタート。アロンソとベッテルはポジションを守ったが、周回遅れをかわさなければならないウェバーはスピードが鈍り、ハミルトンに仕掛けられた。両者はターン7で接触し、ハミルトンはリタイア。ウェバーは走行を継続して3番手を守ったが、ハミルトンは2戦連続でノーポイントに終わってしまった。その後、ハイドフェルドとシューマッハが接触し、ハイドフェルドもリタイアを選択。F1復帰戦で完走を果たすことはできなかった。同じく復帰レースを迎えたクリスチャン・クリエン(HRT)もメカニカルトラブルに見舞われ、ガレージでレースを終えている。

終盤になるとクビサがパンクチャーを抱えてピットインしたが、ここで新しいプライムタイヤに変更してプッシュを開始。コース上でアルグエルスアリ、ブエミ、ペトロフ、マッサ、ヒュルケンベルグ、スーティルをかわし、7番手までポジションを戻した。市街地サーキットを得意とするクビサらしいパッシングが見られた。

レース終盤に入っても、アロンソとベッテルは接近した戦いを継続。常に1秒ほどのギャップを保ち、ファステストラップをたたき出し合いながら走行を続けた。

2人のバトルは最終ラップまで続いたが、トップチェッカーを受けたのはアロンソ! イタリアGPに続く2戦連続ポール・トゥ・ウインを果たし、シーズン4勝目を挙げた。2位にベッテル、3位にウェバー、4位にバトンとタイトル争いを演じるドライバーたちが上位を占めたが、唯一ハミルトンはリタイアを喫している。

5位以下はロズベルグ、バリチェロ、クビサ、スーティル、ヒュルケンベルグ、マッサまでがポイント獲得。ペトロフ、アルグエルスアリ、シューマッハ、ブエミ、ディ・グラッシがチェッカーを受け、最後にエンジントラブルが発生してマシンを止めたコバライネンも完走扱いとなった。

リタイアとなったのはハミルトンのほか、可夢偉、ハイドフェルドなど8名。ファステストラップはアロンソが58周目に刻んだ1分47秒976で、アロンソは2戦連続でハットトリック(ポールポジション、勝利、ファステストラップ)を決めたことになる。

第16戦となる次戦はいよいよ日本GP。最初のセッションとなる金曜フリー走行1回目は10月8日(金)の10時からスタート予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.