シンガポールGP

/ News

  • シンガポールGP

シンガポールGP予選後の記者会見パート2

Jim
2010年9月26日 « シンガポールGP予選後の記者会見パート1 | マッサ、新品エンジンを投入へ »
レースに向けて不安はないと強調したアロンソ © Getty Images
拡大

シンガポールGP予選終了後に開かれたFIA公式記者会見に、ポールシッターのフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、2番手タイムを刻んだセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、3番手につけたルイス・ハミルトン(マクラーレン)が出席した。

Q: 皆さんに質問です。通常、公道サーキットの場合は予選結果がレースの90%を決めると言いますが、明日もこれに当てはまると思いますか?

フェルナンド・アロンソ: そうだね、僕はそうだといいな。コンディションによると思うけどね。ドライなら間違いなくオーバーテイクは難しい。すべての公道サーキットと同じようにね。だけど、ウエット、あるいは半分ドライで半分ダンプという状態なら2つか3つのコーナーで大きくタイムを失ったり縮めたりできるから、レースの序盤とか中盤、いつでもいいけど、ポジションがめまぐるしく変わることになるかもしれない。だから、コンディションによると思う。大体はグリッドポジションなんじゃないかな。

セバスチャン・ベッテル: 特に付け加えることはないよ。今は天候が読めないから、明日のどこで雨が降るか、それ次第だと思う。ウエットかハーフウエットになるとは思うから、確実にトリッキーだろうね。2時間近い、一番長いレースになるかもしれない。だから、本当にタフなレースになるだろうし、いろんなことが起こり得ると思う。もちろん、予選で上位の方が助けにはなるけど、レースでもまだいくらか変えられるチャンスはある。2年前は確かフェルナンド(アロンソ)が15番グリッドからスタートして優勝したはずだよ。

Q: セバスチャン(ベッテル)、昨年も2番手スタートでしたが、同じようなスタートにしない方法はありますか? あまり良くない方のグリッドですが、グリップはどうでしょうか?

ベッテル: もう知っているでしょ。グリッドが悪い側だときっとグリップはないだろうけど、明日になれば分かるさ。でも、コース周辺やピットの出口とかから判断すると、アスファルトの新しいクリーニングマシンは週末を通してかなり役に立っていると思うよ。そうだね、(雨)水はなくならないけど、ほこりについては過去2年に比べると格段に良くなっているから問題ないはずだ。このすぐ外にある写真を見ると、ほこりがあまりにひどくて後ろの5台は第1コーナーに向かっているところすら見えない。明日も同じような感じだろうけど、それほど悪くなければチャンスも生まれるだろうし、いいスタートにできればいいな。あとは自分たちにできることを考える。

Q: フェルナンド、おそらく電子系のトラブルもあるでしょうが、フェリペ(マッサ)が明らかなエンジントラブルでストップしたことを受けて、エンジンへの不安はかなりありますか? 確か、以前には地下鉄(鉄道)がエレクトロニクスに影響を及ぼした可能性があったかと思いますが、対応策は何かありますか?

アロンソ: どうだろうね、今は分からない。僕がマシンに乗っている時はフェリペが何かしらマシンに問題を抱えたって聞いた。僕は電子系のトラブルだと思うけど、何が起きたのか知らないし、なんでああなったのか理由も分からない。僕のマシンは問題なかった。今はマシンが戻ってきているだろうから・・・(続きは携帯サイトで!)

携帯サイト『F1-Live.com MOBILES』ではシンガポールGPで開かれるすべての記者会見の全文を配信! F1最新ニュースをイチ早く、さらに盛りだくさんの内容でお送りするF1-Live.com MOBILES(月額315円)で、ぜひF1シーズンをご堪能ください。

携帯サイトURL⇒http://k.F1-Live.com/m

i-mode: メニューリストスポーツモータースポーツ

EZweb: トップメニューカテゴリで探すスポーツその他

Y! ケータイ: メニューリストスポーツF1・モータースポーツ

公式twitter URL: http://twitter.com/F1_Live_com

QR Code

© ESPN Sports Media Ltd.