シンガポールGP

/ News

  • シンガポールGP

シンガポールGP金曜日の記者会見パート1

Jim
2010年9月25日 « 2010年第15戦ドライバーコメント初日 | シンガポールGP金曜日の記者会見パート2 »
シンガポールGP初日セッションを終えたF1サーカス © Getty Images
拡大
関連リンク

シンガポールGP初日セッションを終えて、ステファノ・ドメニカリ(フェラーリ)、トニー・フェルナンデス(ロータス)、コリン・コレス(HRT)、ペーター・ザウバー(BMWザウバー)の各チーム代表がFIA公式記者会見に出席した。

Q: 皆さんに質問です。今日のチームのパフォーマンスについて聞かせてください。

トニー・フェルナンデス: ヘイキ(コバライネン)はわりと楽な1日だったと思う。すべてのセットアップ作業を終え、マシンにとても満足している様子だ。ヤルノ(トゥルーリ)は自分の理想を見いだすのに苦戦していたので、彼についてはもう少し作業しなければならない。われわれにとって重要だったのは全体的に計画以上にうまくやれていること。信頼性はかなり優れているので、悪くない1日だった。

コリン・コレス: うちはドライバーが2人ともこのコースを走ったことがないので、コースを習得しなければならない。セットアップには苦労しているが、大きな問題はない。現時点ではマシンの信頼性も良く、これはわれわれにとって重要なポイントだ。

ペーター・ザウバー: まずまず大丈夫だった。どちらのドライバーも難しかったとは思う。ニック(ハイドフェルド)にとっては新しいマシンに新しいタイヤだったし、可夢偉は初めてのコースだ。問題なかったと思っている。

Q: 2人のタイム差は0.12秒でした。

ザウバー: そうだね、いいことだ。

Q: ステファノ(ドメニカリ)?

ステファノ・ドメニカリ: 最初のセッションはもう少し走り込みたかったが、路面コンディションを考えると無理だった。比較するものはいろいろとあったが、状況を考えて行わず、最低限を走った。後半のセッションは状況が改善されたと思う。ポジションは言い難い。フェルナンド(アロンソ)のマシンに若干のトラブルがあった。彼がファステストラップを走っている時のことで、また走り出せはしたが、対処すべきことが起こったので、マシンが戻ってくるのを待っているところだ。フェリペ(マッサ)はグリップに満足していなかったように思う。全体的なグリップとマシンのバランスだ。今日の路面コンディションは誰にとっても難しかったはずなので判断しにくいが、明日はいい戦いができるだろうと思っている。

Q: ドライバーから今年はあまりバンピーではなく、スムースなサーキットだと報告はありましたか?

ドメニカリ: まだ聞いていない。アスファルトが汚れているか、オイルが乗っているようで、新しい表面は滑りやすくなっている。最初のセッションではコンディションの変化と共に、以前からのコースは乾きやすいのに、新たな部分は乾くのに時間がかかっていた。

Q: もうひとつ皆さんに質問です。バーニー・エクレストンがグランプリの勝者にメダルを与えるという提案を再び持ち出していますが、これについて皆さん個々のお考えを聞かせていただけますか? ポイントシステムよりも(エクレストンの)アイデアで世界選手権の勝者を決めるというのに賛成されますか? メダルシステムの導入をご希望されますか?

フェルナンデス: 私は年長者に従うよ。

コレス: 今のわれわれには別の問題があると思う。おそらく、フェラーリがこれに答えられるだろう。

ドメニカリ: 残念ながら、うちは多くのメダルを勝ちとっていない。だが、それを別にすればおもしろいアイデアだと思う。それは間違いない。議論されている。F1では常に他のソリューションを話し合い、試す。理由はどうあれ、今年の状況は各時したポイントで立て直すことができる点が素晴らしい。非常に短期間で取り組むことが可能だと思う。

ザウバー: 今あるシステムにとても満足している。

Q: 今年のポイントシステムは昨年より良くなったと思われますか?

ザウバー: ポイントの計算がだいぶ難しくなったがね。

Q: トニー(フェルナンデス)、チーム・ロータスになるにあたり、グループ・ロータスとロータス・レーシングの状況をご説明いただけますか? また、ARTとの関係やルノーについても聞かせてください。

フェルナンデス: そうだね、コーリン・チャップマンが会社を設立した際、(聞き取れず)グループ・ロータスは車を製造し、チーム・ロータスはレーシングチームだった。われわれが手に入れたのはチーム・ロータスだ。今年はグループ・ロータスから取得したライセンスの下に(チームを)運営してきたが、来年は自分たちのオーナーシップで運営する。シャシー名はそのままだ。

Q: ARTおよびルノーとの関係は?

フェルナンデス: ARTについてはコメントできない。ルノーに関しては何なのか見当もつかない。グループ・ロータスとルノーについて聞いているのかい?

Q: ロータス・レーシングは来年、ルノーのエンジンを使うのではないかという話があります。

フェルナンデス: そのうち発表する。

Q: ロータス・レーシングとARTとの対話はまったくありませんか?

フェルナンデス: ない。

Q: コリン(コレス)、今日は山本左近に代えてクリスチャン・クリエンの登板がありました。なぜカルン・チャンドックではなかったのでしょうか? 彼の今後はどうなっているのですか?

コレス: まあ、彼には彼のチャンスがあった。クリスチャン(クリエン)はチャンスを得るにふさわしいと思っているので、クリスチャンがマシンに座っている。

Q: 彼には彼のチャンスがあった、とおっしゃいましたが、それはつまりチャンドックが再びドライブすることはない、ということでしょうか?

コレス: そうは言ってない。クリスチャンの、どう言えばいいのかな・・・。この状況では彼が第一の選択だった。

Q: 左近はホームグランプリ(次戦日本GP)に戻ってこられるでしょうか?

コレス: ああ、そう予想している。

Q: ペーター(ザウバー)、ペドロ(デ・ラ・ロサ)の離脱は本当に悲しかったですが、ニックの復帰はうれしかったです。この背景には何があったのでしょうか? モンツァの後に期日があったのですか?

ザウバー: いや、モンツァの結果には関係ない。実際のところ、可夢偉とペドロは同じようなレベルだった。だが、可夢偉の方がポイントを多く獲得している。マシンのポテンシャルについては単純にはっきり分かっていない。ニックのことはよく知っているので、はっきりしたベンチマークがある。新車の開発においてはこれが重要なのだ。

Q: ニックは残りのシーズンを通してドライブされるのですよね?

ザウバー: そうだ。

Q: ステファノ、高速サーキットのモンツァでは素晴らしいご活躍でした。ここは完全に異なるサーキットですが、フリー走行を終えられてパフォーマンスについてはどのような感触を得られていますか?

ドメニカリ: モンツァはわれわれやファンの皆にとってファンタスティックな週末だったと思う。だが、いつも言うように素晴らしい週末だからと大喜びしてはいられない。最悪の週末を過ごせばすべてが終わる。最も大事なことはチームが常に仕事に集中し、可能な限り最大の力を出そうとすること。今回の状況が完全に別物であることは分かっている。それに、進歩という点では今年はコース上で自分たちが期待した通りにならなかったことがあるので、適切に作業しなければならないことも分かっている。これは他のチームも対応することだろうが、今週末は確実に適切なセットアップを見いだし、パフォーマンスの点で一歩前にい続けられるようにする必要がある。紙の上でさえ、このコースはわれわれに最適なところではない。自分たちの仕事はすべてを完ぺきにやり遂げ、後は成り行きに任せることだと思っている。チャンピオンシップはまだオープンな状態だ。何だって起こり得る。だから、やらなければならないのは集中し続けること。何かうまく行ったからと言って興奮しすぎず、地に足をつけて全力で取り組まなければならない。ここでも、この先のグランプリでもそうやっていく。

Q: シーズン末まで、ずっと開発を投入し続けられるのですか?

ドメニカリ: そうだね、もちろん次の数回のグランプリはそうするが、当然ながら新車プロジェクトにも焦点をあてる必要があるので、最終戦前には状況を確認する。リソースは限られているため、現時点では時間の経過と共に人手を今年(のプロジェクト)から来年(のプロジェクト)に移している。ゆえに、すべてのレースで自分たちが達成すべき可能性のある目的が何なのかを理解しなければならない。そして、すべてのリソースを新たなプロジェクトに投入するかを決めるつもりだ。

© ESPN Sports Media Ltd.