シンガポールGP

/ News

  • シンガポールGP - 金曜フリー走行1回目

フェルスタッペンが最速、2番手にベッテル

Jim
2019年9月20日
© Clive Mason/Getty Images
拡大

ヨーロッパに別れを告げ、シンガポールに乗り込んだF1サーカスは20日(金)、2019年シーズンFIA F1世界選手権第15戦シンガポールGP金曜フリー走行1回目のセッションに臨み、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがトップタイムを刻んだ。

ピレリはストリートサーキットのシンガポールにC3からC5の最も柔らかいコンパウンドの組み合わせを用意。曇り空の下、初回セッションは気温32.2度、路面温度42.9度、湿度61%のドライコンディションでスタートし、真っ先にコースに向かったトロ・ロッソのピエール・ガスリーを先頭に各車が順次、インストレーションラップを完了した。

多くのドライバーが1周もしくは2周してピットに引き上げる中、早々にプログラムに着手したフェラーリ勢は共にミディアムタイヤを履き、シャルル・ルクレールが1分44秒台、セバスチャン・ベッテルが1分46秒台をマークしている。セッションがスタートして15分ほど経過すると他の陣営もコース上での作業に取り掛かり、タイムシートに次々とドライバーの名前が刻まれていくも、メルセデスのバルテリ・ボッタスはガレージで待機が続いた。

そのボッタスがようやく動き出したのは開始から20分が過ぎた頃だったが、ソフトタイヤを履いてコースに向かったボッタスは素早くリズムをつかみ、1分43秒041を刻んでいきなりトップタイムを記録している。ハードタイヤでシステムチェックを完了していたハミルトンはボッタスに遅れてプログラムをスタートさせたものの、ソフトタイヤに切り替えて1分42秒412をたたき出し、僚友のタイムを上回ってタイムシート最上位に立った。

ピレリに1セットのタイヤ返却が義務付けられている序盤40分の走行が終了した時点では1分41秒469にペースアップしたハミルトンをトップに、フェルスタッペンが0.469秒差で2番手、レーシング・ポイントのランス・ストロールが1.322秒遅れの3番手につけていた。

全車がピットに引き上げて5分ほどはコース上が無人となったものの、ハードタイヤを装着したボッタスが動き出し、自己ベストを更新して2番手に浮上。ハミルトンとのギャップはそれでも0.431秒あったが、さらにタイムを削ったボッタスは1分41秒336をマークしてトップの座を奪っている。

しかしながら、セッション序盤にミディアムタイヤを試したベッテルがソフトタイヤに切り替えて1分40秒台に乗せたほか、フェルスタッペンも好タイムを刻み、トップ3のオーダーはフェルスタッペン、ベッテル、ハミルトンに変わった。

ただ、ベッテル同様にミディアムからソフトに履き替えてコースに向かったルクレールをトラブルが襲い、スローダウンを余儀なくされながらもなんとかピットレーンにはたどり着いたが、ガレージ前までは持たず、迎えにきたチームクルーがマシンを押してガレージに戻している。チームが明かしたところによれば、ルクレールはギアボックスに不具合が生じたといい、メカニックとエンジニアが原因調査を進めているとのこと。

それからほどなくしてコース上に赤旗が振られた。要因となったのはボッタスだ。ターン19手前でコントロールを失ったボッタスはバリアに衝突し、マシン左側にダメージはあるも、ボッタス本人にケガはない様子。狭いコースとあってマシン撤去には若干の時間を要し、セッションが再開されたのは約10分後、残り時間が17分を切ってピットレーン出口の信号が再び青に変わっている。

終盤はフェルスタッペンやベッテルなど大半のドライバーがソフトタイヤで周回を重ねた一方、ハミルトンはハードタイヤでロングランに取り組み、他にはレーシング・ポイント勢も硬いタイヤでレースシミュレーションを進めた。

90分のセッションを終えて最速タイムはフェルスタッペンが残した1分40秒259となり、ベッテルが0.167秒差で2番手に続き、3番手に入ったハミルトンは0.666秒遅れている。クラッシュしたボッタスがそれまでに記録していたタイムで4番手につけているが、フェルスタッペンとは1秒以上のギャップがある。もう1台のレッドブルを駆るアレキサンダー・アルボンが5番手に入った。

トロ・ロッソ勢はダニール・クビアトが9番手、ガスリーが10番手のタイムを残している。

シンガポールGP金曜フリー走行2回目は日本時間21時30分にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.