シンガポールGP

/ News

  • シンガポールGP - 金曜フリー走行1回目

レッドブル勢が1-2発進、最速はリカルド

Jim
2018年9月14日
© Clive Mason/Getty Images
拡大

ヨーロッパでの戦いを終えたF1サーカスは14日(金)、シーズン終盤のフライアウェー戦の幕開けとなる2018年シーズンFIA F1世界選手権第15戦シンガポールGP金曜フリー走行1回目のセッションに臨み、レッドブルのダニエル・リカルドがトップタイムを刻んだ。

ピレリはシンガポールにソフト、ウルトラソフト、ハイパーソフトのドライタイヤ3種類を持ち込んでおり、フェラーリやトロ・ロッソは両ドライバーともソフトを1セットしか確保しておらず、ウルトラソフトを4セット、ハイパーソフトのセット数が最も多い。

晴れ間が広がる中で始まった初回セッションは気温32.3度、路面温度45度、湿度56.2%のドライコンディション。ザウバーのマーカス・エリクソンを先頭に各車がインストレーションラップを走り、開始から10分少々で20台すべてがシステムチェックを完了している。

ハイパーソフトタイヤを履いて早々にプログラムに取り掛かったフェラーリ勢に続いてメルセデスやレッドブルもセッション序盤に作業を開始。メルセデスはウルトラソフト、レッドブルはソフトのコンパウンドを試した。

序盤30分の走行を終えて1分42秒072を刻んだメルセデスのルイス・ハミルトンがトップに立ち、相棒のバルテリ・ボッタスが0.098秒差で2番手に並ぶ。当初はボッタスが好タイムを連発してタイムシートトップの座を維持していたが、10周を走ってピットに引き上げる直前にハミルトンが自己ベストと最速タイムを塗り替えてトップに躍り出た。

3番手と4番手にはレッドブル勢が並び、フェラーリはセバスチャン・ベッテルが7番手、キミ・ライコネンが9番手にとどまっている。

ただ、ピレリへのタイヤセット返却が義務付けられている序盤40分の走行を終えた時点では最初のランで14周を走り込み、スティントの終盤に自己ベストタイムを更新したレッドブルのダニエル・リカルドが1分41秒814を刻んで全体のトップに浮上した。

その後、メルセデスはソフトタイヤに切り替えて2回目のランに臨み、今週末のコンパウンドでは最も硬いタイヤセットながら順調にペースを上げていく。一方、ハイパーソフトを投入したフェラーリとレッドブルもペースアップを成功させ、残り30分を切る頃には1分39秒台に入れたリカルドがトップに立ち、0.286秒差でベッテルが2番手、フェルスタッペン、ライコネンがトップ4に並んだ。

市街地コースが舞台のシンガポールは路面コンディションが整うまで時間を要するため、メルセデス勢やライコネンなどトップドライバーたちもタイヤをロックアップしてコースを飛び出すシーンが目立った。

残り数分となったタイミングでハイパーソフトタイヤのプログラムに取り組んでいたシャルル・ルクレール(ザウバー)がアンダーソン橋の出口で判断を誤り、マシン右側をウオールにぶつけてしまうアクシデントが発生。右フロントサスペンションにダメージを受けたルクレールはエスケープゾーンに逃げ込み、コースマーシャルが待機する場所に自らマシンを運んでコックピットを離れている。「僕のミスだ、ごめん」とチームに謝罪したルクレールは9番手で最初のフリー走行を終えた。

終盤はロングランに取り組む陣営がほとんどでタイムシートに大きな変化はなく、1分39秒711を刻んだリカルドがトップで初回セッションを締めくくっている。2番手に0.201秒差でフェルスタッペンが入り、レッドブルが1-2発進を決めた。3番手と4番手にはフェラーリのベッテルとライコネンがつけているが、セッション後半にソフトタイヤを履いたメルセデス勢はハミルトンが6番手、ボッタスが8番手にとどまっている。

トロ・ロッソのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーは16番手と17番手のタイムを残した。

シンガポールGP金曜フリー走行2回目は日本時間21時30分にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.