Sauber

/ News

  • ニコ・ヒュルケンベルグ

ハイドフェルド、ヒュルケンベルグの移籍を支持

Me
2013年1月23日 « 「アロンソに勝つため全力」とマッサ | ブラウン残留を願うウォルフ »
ザウバーの大先輩、ハイドフェルドはヒュルケンベルグの移籍を理解できると語った © Sutton Images
拡大

長くザウバードライバーを務めたニック・ハイドフェルドが、同じドイツ人で2013年にフォース・インディアからザウバーへの移籍を決めたニコ・ヒュルケンベルグを支持した。

フォース・インディアと比べて非常に優れているとは言い難いザウバーへの移籍について、25歳のヒュルケンベルグの動きには批判的な意見も聞かれた。

ヒュルケンベルグの行動を理解できるかと聞かれたハイドフェルドは『Speed Week(スピード・ウイーク)』に語った。「直接トップチームの1つに行くのでない限り、それが正しい判断かどうかはわかりにくいものだよ」

「もちろん2012年はザウバーの方が速かったし、彼らはヒンウィルに最高の施設を持っている。でも、今の彼らにはトロ・ロッソに行ってしまったデザイナーのジェームズ・キーがいない」

「正しいクルマを選んだかどうかの判断はいつも難しいけど、僕はヒュルケンベルグの決断を理解できる」

「彼は確立された、そして――僕の見解では――やや過大評価されたポール・ディ・レスタに対して自己主張することができた。この移籍によってさらに注目を集めることになる」

「新人F1ドライバーをチームメイトに持つことは大変だけど、僕がGP2を見ていた限り、エステバン・グティエレスにはかなり説得力があった」とハイドフェルドは付け加えた。

© ESPN Sports Media Ltd.