Sauber

/ News

  • ザウバー

可夢偉、鈴鹿での初表彰台は運命

Jim
2012年10月7日 « 速さが足りなかったとバトン | チャンピオンシップに影響なしとアロンソ »
母国のファンの前でF1初表彰台を決めた可夢偉 © Press Association
拡大
関連リンク

ザウバーの小林可夢偉は決勝レース前に、日本GPでF1初表彰台を決められれば"運命"だと思っていたと明かした。

鈴鹿で3位フィニッシュを果たした可夢偉にとってはF1キャリア初の表彰台。今季は2番手と3番手からスタートしたレースがあったものの、いずれも結果につなげることはできなかった。初めてのトップ3フィニッシュを"最高"と言う可夢偉は声援を送ってくれた日本のファンに感謝の意を表している。

「ついにここでフィニッシュできました。もちろん表彰台に上れたことは最高です。特にホームグランプリで初めての表彰台なんて、本当にすごいですよね。これまで何度か表彰台に上るチャンスがあったんですが、一度も運に恵まれず達成できていなかったので、レース前に冗談で、もし今回のレースで表彰台に上れたら、それはもしかすると運命かもしれない、とは言いましたけど。だから、ファンを思うと本当にうれしいです。サーキットのいたるところでたくさんの声援をいただきました。本当にものすごかったので、ファンに感謝しないといけません」

また、スタート後のターン2を2番手で通過してすぐにトップ3入りは確実にいけると確信したと明かす可夢偉は次のように付け加えた。

「最高のレースでした。表彰台に上るために本当に必死で働いてきました。チームメイトはすでに何度か表彰台を記録していますが、僕は良いポジションからスタートするチャンスが何度かありながらも、いつも運に恵まれませんでした。スタートで苦戦したり、いろいろありました。ですが、今回は感触が良かったんです。金曜日に取り組んだロングランでかなりペースが良かったので、今週末に自信を持って臨めました。だからスタートしてから2番手にポジションを上げられたときに、表彰台はいけると確信したんです」

© ESPN Sports Media Ltd.
コメント: 7