Sauber

/ News

  • ザウバー

シルバーストーンに自信を見せる可夢偉

Jim
2012年6月30日 « 今のロータスは"ビッグチーム"とグロージャン | 3度目の表彰台を目指すペレス »
バレンシアでも調子は悪くなさそうだった可夢偉 © Sutton Images
拡大
関連リンク

小林可夢偉は来週末のイギリスGPでザウバーが「何かしら特別なことを達成」できると信じているという。

セルジオ・ペレスが表彰台フィニッシュを達成すること二度、ザウバーは条件さえ整えば今季のグランプリ優勝も可能かもしれないと示唆している。しかしながら、可夢偉はペレスのベストリザルトには及ばず、スペインGPの5位が今季のベストだ。

それでも、バレンシアではレース序盤に強力なパフォーマンスを披露している可夢偉はザウバーがシルバーストーンで競争力を発揮できるマシンを有しているとの考えを強調する。

「今回のレースは本当に楽しみにしています。自分の期待はかなり高いです。シルバーストーンは僕のお気に入りサーキットのひとつ。僕たちのマシンは基本的に中高速コーナーに優れていますし、このザウバーC31は低速コーナーのパフォーマンスも改善しているので2010年に登場した(シルバーストーンの)コースの新しい部分にも問題は一切ないはずです」

ヨーロッパGPでフェリペ・マッサ(フェラーリ)との接触を引き起こしたとして、イギリスGPで5グリッド降格ペナルティを受けることが決まっているものの、可夢偉はサプライズな結果に自信をのぞかせた。

「グリッドが5つ後ろに下がってしまうペナルティがあるので対応しないといけませんが、レースに関しては楽観しています。イギリスで何かしら特別穴ことを達成するポテンシャルはあると思っていますし、後少しの運が見方になってくれることを願っています」

© ESPN Sports Media Ltd.