Sauber

/ News

  • ザウバー

ザウバー、チェルシーとのパートナーシップを発表

M.S.
2012年4月30日 « ロズベルグは今季タイヤがお気に入り | 「F1は僕の人生じゃない」とライコネン »
新たなパートナーシップを示唆していたザウバー © Sutton Images
拡大
関連リンク

ザウバーがイングランドプレミアリーグのチェルシーFCとの新たなパートナーシップを発表した。

過去2戦で同チームは新たなパートナーシップを示唆しており、中国GPではエンジンカバーに"Out of the Blue(晴天のへきれき)"、バーレーンGPでは"True Blue(忠実な)" とのメッセージが書かれていた。ブルーをクラブカラーとするチェルシーとのパートナーシップを発表したザウバーは、リリースにてこの関係を次のように説明している。

「(パートナーシップには)商品の販売やスポーツ科学の分野における知識の交換を含む。両パートナーはそれぞれのロゴによってお互いをサポートし、それぞれのスポーツ外にある意義深いマーケットに現れることで利益を得るだろう」

チェルシーのロゴはスペインGPで初めてC31のマシンにお目見えする予定。ザウバーCEOのモニーシャ・カルテンボーンはチームがこの機会を得て活気づいていると話した。

「F1とサッカーの間でかつてこのような形のパートナーシップは存在したことがないものの、数々の共通点や相乗効果の可能性を秘めています。どちらのケースでも、私たちは最高レベルかつ国際的なスポーツに携わっています。ザウバーF1チームとチェルシーFCは多くの同様なスポーツおよび商業面のテーマを扱っており、これらの分野で互いに強化することを望んでいます。これらの機会を生かしていくことを楽しみにしており、チェルシーがチャンピオンズリーグの決勝進出を決めたことにお祝いを申し上げます」

ザウバーのロゴはチェルシーのホームゲームやスタンフォード・ブリッジ(チェルシーFCのホームスタジアム)のインタビューボードに掲示される予定であり、このパートナーシップは共有する哲学の結果だとチェルシーのロン・グーレイCEOが語った。

「これはかつてない形でフットボールクラブとF1を結びつける革新的なパートナーシップであり、世界最大のスポーツの二つを引きあわせて、われわれのファンを一体化するものだ。われわれは現存する中で4番目に歴史あるチームであるこのスイスチームがわれわれ自身の理想を完ぺきに映し出すと感じている」

「チェルシーがプレミアリーグ20周年を祝った年、ザウバーはF1で同じことを祝っていた。それぞれの組織がいかに運営され、若い才能の開発によりたえず成功を目指して戦っているという点において、われわれは多くの哲学を共有している。ザウバーの草の根レベルに向けられた哲学はF1に最高のドライバーを幾人か送り込んできたし、それはアカデミーを通して将来有望な若き才能の開発に捧げてきたわれわれの姿を映しているのだ」

「このパートナーシップはユニークなコマーシャル機会の可能性と共にわれわれ双方に大きな利益をもたらすだろう。世界で最も魅力的な二つのスポーツを結びつける共通のビジョンだ。ザウバーF1チームと密接に働くのを楽しみにしており、これからのF1シーズンで彼らに最高の武運を祈っている」

© ESPN Sports Media Ltd.