Sauber

/ News

  • ザウバー

ペレス、退院もモナコに滞在

M.S.
2011年5月31日 « ベッテルは"最高"と絶賛するホーナー | アブダビがトロ・ロッソを買収か »
カナダGP参戦に自信を見せたペレス © Sutton Images
拡大
関連リンク

ザウバーのセルジオ・ペレスは30日(月)にプリンセス・グレース病院を退院したものの、モナコにとどまっている。

モナコGPでの高速クラッシュの後、二晩を観察下で過ごしたペレスだが、足と首の痛み、ならびに頭痛のみで退院したと報じられた。

ペレスはこれから2週間未満で開催されるカナダGPからザウバーのコックピットに復帰することを狙っているものの、事故の記憶に影響するほどだった脳しんとうが障害となる可能性がある。

イタリアの『La Gazzetta dello Sport(ラ・ガゼッタ・デロ・スポルト)』はペレスが今週はモナコ公国にとどまらなければならないと伝える。

ベルリンに住むペレスは「完全に回復するまでここに2、3日いなければならない」と認めた。

「頭にすごい衝撃を受けていて、まだ飛行機に乗るタイミングじゃない。ここのホテルでリラックスして、必要なだけの時間を費やし、もう一度普通の生活を始める予定なんだ」

しかしながら、モントリオールではスピードを取り戻すとペレスは主張、「カナダには問題ないよ。それがメインの目標だし、そこにいけない理由が見つからない」と語った。

© ESPN Sports Media Ltd.