Sauber

/ News

  • セルジオ・ペレス

ペレス、決勝レースは欠場へ

Kay Tanaka
2011年5月29日 « ハミルトンのQ3タイムが抹消される | 2011年第6戦ドライバーコメント予選 »
F1で戦う初めてのモナコ決勝を回避することが濃厚 © Sutton Images
拡大
関連リンク

モナコGP予選で大きなクラッシュを負ったセルジオ・ペレス(ザウバー)は、29日(日)の決勝レース出走を回避することになりそうだ。

予選Q3のアタックに臨んだペレスはトンネル内でレコードラインを外し、ヌーベルシケインのブレーキングポイントでマシンのコントロールを失った。右側のガードレールにマシンをヒットさせたペレスは、そのまま横にスライドする形でシケインを突っ切り、テクプロと呼ばれる衝撃吸収バリアに衝突。メディカルチームによってマシンから降ろされ、すぐにプリンセス・グレース病院へと搬送されている。

チームが発表したプレスリリースによると「(病院の)メディカルスタッフからの情報では、ペレスは衝撃により脳震とうと大腿部のねんざを負った。ペレスは最低でも今晩は入院することになり、日曜日のレースに出走することはないだろう」とのこと。

ペレスは予選前に行われた土曜フリー走行でも10番手タイムを記録しており、午後の予選では今シーズン初のQ3進出を果たした直後にアクシデントに見舞われた。ちなみにペレスは昨年のGP2モナコで3番グリッドからレース1を制覇。リバースグリッドにより8番グリッドからのスタートになったレース2では6位に入っている。

またザウバーにはテスト&リザーブドライバーとしてGP2ドライバーのエステバン・グティエレスが控えているが、今週末のF1セッションに参加していないため、ペレスの代役として決勝レースに出走することはできない。予選でタイムを残せなかったHRT勢の決勝参加が認められたため、23台のマシンが第69回モナコGP決勝レースに挑むことになる。

© ESPN Sports Media Ltd.