Sauber

/ News

  • ザウバー

失格もボーナス全額支給とザウバー

M.S.
2011年4月11日 « アブダビとブラジルでレイアウト変更 | タイヤかすの危険性を指摘するディ・レスタ »
ウイングの規定違反によって失格になったザウバー © Getty Images
拡大
関連リンク

2週間前のメルボルンでは2台失格となったものの、ザウバーのチームメンバーには契約で定められているボーナスが支払われた。

開幕戦オーストラリアGPではリアウイング上部エレメントの屈曲が4mmの差でルールに抵触することが判明、小林可夢偉とセルジオ・ペレスの両名がポイントを失っている。

しかし、多くのチームが獲得ポイントに基づいてドライバーとスタッフにボーナスを支払っており、ザウバーCEOのモニーシャ・カルテンボーンは『Sonntagsblick(ゾンタークスブリック)』紙に「失格になったものの、ドライバーとチーム全体にボーナスを全額支給しました」と話した。

ザウバーの280名のスタッフの大部分にとって、1ポイントあたりのボーナスは90ドル(約7,600円)だと伝えられている。

© ESPN Sports Media Ltd.