Sauber

/ News

  • 小林可夢偉

パナソニック、ザウバーのスポンサーに?

Me
2010年10月12日 « 韓国インターナショナルサーキットをFIAが承認 | 査察を終えたホワイティング、"満足" »
その勇姿で日本中を盛り上げた可夢偉 © Getty Images
拡大
関連リンク

パナソニックが小林可夢偉のスポンサーとしてF1に戻ってくるかもしれない。

大阪に本社を置く多国籍総合エレクトロニクスメーカー、パナソニック株式会社は、8年間トヨタの主要スポンサーを務めたが、昨年末のチームの撤退とともに姿を消した。

だがトヨタが撤退の決意を固めた時に、すでにパナソニック側は2012年末までチームの支援を決めていた。つまり、彼らはF1で活動を続ける意志があったのだ。

うわさによると、10日(日)の日本GP後にパナソニック関係者がザウバーと可夢偉に面会したという。決勝レースで24歳の可夢偉は大胆なオーバーテイクを何度も披露し、観客を大興奮の渦に巻き込んだ。

これまで可夢偉はパナソニックの後援を受けたトヨタに所属してヨーロッパF3やGP2のキャリアを駆け上がり、昨シーズン終盤、ついにF1デビューを果たした。

ザウバーのモニーシャ・カルテンボーンCEOは、鈴鹿後、厳しい国内経済事情に理解を示しながらも、可夢偉の活躍が日本のスポンサー獲得につながることを期待すると述べた。

可夢偉は、自分の存在が未来のF1にとっていかに重要かを認識していると常々述べている。

「だから僕はF1をみんなに知ってもらいたいんです」と可夢偉は語っていた。「厳しい環境なのは分かってますから、スポンサーを意識しているわけではありません」

© ESPN Sports Media Ltd.