Sauber

/ News

  • ドイツGP - アルファロメオ・レーシング - 初日

ライコネン、「自分たちの仕事に集中」

Me
2019年7月27日 « 改善を実感するペレスとストロール | 新パーツをテストしたウィリアムズ »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

26日(金)、シーズン第11戦ドイツGP初日に実施された2回目のフリー走行でアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンが8番手に入った一方、アントニオ・ジョビナッツィは17番手だった。

ライコネンとジョビナッツィは初回セッションで17番手と18番手に並んでいる。

キミ・ライコネン

「通常の金曜日で、僕はただのプラクティスの時はタイムをあまり見ないようにしている。僕らはいつもFP1では少し遅れ、週末が進むにつれて上がっていくようだけど、タイムが重要になるのは明日の午後からだ。コンディションは理想的じゃなかった。暑さで少しトリッキーだったけど、それはみんな同じだ。明日と日曜日の天気がどうなるかは興味深い。でも、行きたいところに行くためには自分たちのするべき仕事に集中する必要がある」

アントニオ・ジョビナッツィ

「走行初日はすごく暑かった。僕はソフトでのプッシュラップで小さなミスをしてしまったけど、クルマはここまでコンペティティブだと思う。明日は天気が変わる可能性がある。でも最後には、たとえ雨になったとしてもみんな条件は同じなんだから、それに適応しなきゃならない。今夜はベストなセットアップを見つけるためにプッシュし、明日の予選でいいリザルトを得たい」

© ESPN Sports Media Ltd.