Sauber

/ News

  • スペインGP - アルファロメオ・レーシング - 初日

「あちこち問題だらけ」とライコネン

Me
2019年5月11日 « ピレリ、ハードとミディアムの差が「わずかに大きい」 | ラッセル、「今日は比較的ポジティブ」 »
© Marco Canoniero/LightRocket via Getty Images
拡大

10日(金)、シーズン第5戦スペインGP初日に行われた2回目のフリー走行でアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィは11番手と17番手のタイムを記録した。

初回セッションはジョビナッツィが14番手に入り、ライコネンは18番手にとどまっている。

キミ・ライコネン

「あちこち問題だらけで僕らにとっては難しい1日だった。FP2の終わりには少しクルマを理解できるようになったけど、明日の予選のためにまだ仕事がたくさん残っている」

アントニオ・ジョビナッツィ

「ようやくトラブルのない金曜日を過ごせてとても良かったし、これが残りの週末に向けたいい知らせであると願いたい。僕は両方のセッションで多くのマイレージを走破できた。それが重要なことだったんだ。バルセロナはみんなよく知っているコースだけど、テスト以降、この気温でクルマがどれだけ進歩したかを見るのは興味深い。いつものように、今日のプログラムの大部分はタイヤを理解することだった。その働き方については理解できたと感じている。できれば今夜もう少し前進して、明日はQ3に行くためのバトルに加われたらいいな」

© ESPN Sports Media Ltd.