Sauber

/ News

  • メキシコGP - ザウバー - 予選

ザウバー、パフォーマンス改善で予選トップ10入り

Jim
2018年10月28日 « レッドブル、2013年以来の1列目独占 | タイヤを機能させられなかったハースF1 »
© RODRIGO ARANGUA / AFP
拡大

現地時間27日(土)、ザウバーのシャルル・ルクレールとマーカス・エリクソンはシーズン第19戦メキシコGP予選でそろってQ3に進み、9番手と10番手のタイムを残した。

土曜フリー走行はルクレールが6番手に食い込み、エリクソンも9番手でトップ10に入っている。

マーカス・エリクソン

「昨日は難しい1日を過ごしたけど、予選に向けて改善できるよう夜通しがんばって作業した。今日の結果は現場もそうだし、ファクトリーも、両方のチームの素晴らしい努力を示している。今日に向けてかなり変更を施しているんだけど、それが功を奏した。マシンの感触ははるかに良くなっていて、FP3ですでに改善を確認できていたんだ。予選は最高だったね。Q3に進めてうれしい。努力の成果だと思うし、2台ともトップ10スタートだから、明日、良い結果を残すチャンスを手に入れられた」

シャルル・ルクレール

「今日の予選には満足している。9番手だし、またQ3に行けたからね。僕らのパフォーマンスは力強そうだし、昨日からうまくリカバーできたと思う。僕たちは予選(Q2)で使ったハイパーソフトタイヤでスタートするから、ライバルを後ろにとどめておくのは大変だろう。ベストを尽くすし、過去2レースは不運が続いたけど、できればいくらかポイントを手に入れたいな」

© ESPN Sports Media Ltd.