Sauber

/ News

  • US GP - ザウバー - 予選

レースに期待するルクレール

Jim / Nobu
2018年10月21日 « ヒュルケンベルグ、スムーズな予選に満足 | チームオーダー発令に揺れるメルセデス »
© Clive Mason/Getty Images
拡大

シーズン第18戦US GP予選が行われた現地時間20日(土)、ザウバーのシャルル・ルクレールが9番手で予選トップ10入りを決めた一方、マーカス・エリクソンは19番手でQ1敗退を喫している。

予選13番手と14番手だったトロ・ロッソ勢がエンジンペナルティを受けて最後列に後退するため、エリクソンのスタート位置は1つ繰り上がる見込み。

土曜フリー走行はルクレールが7番手に食い込み、エリクソンは15番手だった。

マーカス・エリクソン

「自分のラップには満足だったから、予選の結果は残念だ。マシンの感触は良くて、ドライビングもうまくいったから、何が起きたのか時間をかけて調査して、明日、どう改善できるかを考えてみる。昨日の難しい天候のせいでコース上の時間が限られた中、全体的には今週末はとても強力だと思う。走行不足でいろいろとスパイスが加わるだろうし、どのチームもレースの準備的に少し未知な部分がある。明日に向けては楽観しているし楽しみだ。自分たちに何ができるか見てみるよ」

シャルル・ルクレール

「今日の結果には満足しているよ。Q3でフィニッシュするのはいつもいい気分だし、Q2とQ3では自分たちのポテンシャルを最大限に発揮できたと確信している。Q3では路面が進化したところで1回だけ走る予定にしていたんだけど、少し雨が降ってきたせいで、やや劣勢になったかもしれない。いずれにしてもいい予選だったし、レースを楽しみにしている」

© ESPN Sports Media Ltd.