Sauber

/ News

  • US GP - ザウバー - 初日

ウエット走行に自信を見いだすエリクソン

Jim
2018年10月20日 « ウエットタイヤを温存したフォース・インディア | 雨天用セットアップに満足するルノー勢 »
© Octane/Action Plus via Getty Images
拡大

シーズン第18戦US GPが開幕した19日(金)、ザウバーのマーカス・エリクソンとシャルル・ルクレールは2回目のフリー走行を7番手と11番手で終えた。

初回セッションはルクレールが9番手、エリクソンが10番手に食い込んでいる。

マーカス・エリクソン

「基本的にウエットコンディションのドライブは好きだし、今日のマシンは感触が良く、セッション中もプッシュするのに自信が持てた。まともな走行も何度かできたし、本当はもっとたくさん走りたかったけど、各セッションに使えるタイヤを管理しないといけないからね。結局のところ、満足できたし、明日も同じコンディションになっても僕は構わないよ」

シャルル・ルクレール

「難しいコンディションだったけど、ポジティブな1日だった。明日は雨の中でもう少しマイレージを稼いで、こういうタイプのコンディションでちゃんと落ち着いてドライブできるように感触をつかめるようにしたい。何ができるか考えてみる。マシンに戻るのが楽しみだ」

© ESPN Sports Media Ltd.