Sauber

/ News

  • ベルギーGP - ザウバー - 初日

マシンの感触に自信を見いだすザウバー勢

Me / Jim
2018年8月25日 « 徐々に向上してきているとウィリアムズ | ペレス、「今年一番のバランスかも」 »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

シーズン第13戦ベルギーGPが開幕した24日(金)、初日に実施された2回目のフリー走行でザウバーのマーカス・エリクソンとシャルル・ルクレールは9番手と10番手に並んでトップ10入りを果たした。

初回セッションはルクレールが13番手、エリクソンが14番手のタイムを残している。

マーカス・エリクソン

「夏休みを終えて久しぶりにクルマに乗れるのはうれしいものだ――ここみたいなコースならなおさらね。今日の僕らはトラブルフリーだった。予定されていたプログラムをやり通し、クルマの感触も良かった。いくつか違うセットアップを試したから、今夜は残りの週末の方向性を決めるためにデータを分析する。僕らはコンペティティブだし、明日と日曜日も戦いの中に残れると自信を持っている」

シャルル・ルクレール

「僕らにとってはポジティブな1日だった。マシンの感触はいいし、2回のフリー走行とも中位につけられたからパフォーマンスにも満足している。明日に向けてまだやるべきことがいくつかあるし、金曜日から土曜日にかけていつも通りに前進できるように今夜は作業していくつもり。休みが終わってレースに戻ってこられたのはうれしい。またマシンに乗れるのを楽しみにしている」

© ESPN Sports Media Ltd.