Sauber

/ News

  • ハンガリーGP - ザウバー - 予選

エリクソンがQ2進出もルクレールはQ1敗退

Me
2018年7月29日 « ストロール、Q2進出も足を取られてスピン | フェルスタッペンにおとがめなし »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

28日(土)、雨に見舞われたシーズン第12戦ハンガリーGP予選でザウバーのマーカス・エリクソンが14番手につけるも、シャルル・ルクレールはQ1で敗退して17番手だった。

ドライコンディションだった土曜フリー走行はルクレールが13番手、エリクソンが18番手のタイムを残している。

マーカス・エリクソン

「すごく難しい予選で、天候がとても大きな役割を果たした。トリッキーなコンディションはホッケンハイムを思い出したよ。でも、僕はすごくリラックスしていた。Q2に行けたのはうれしかった――ギリギリだったけどね。Q2では路面がベストな時にイエローフラッグが出てしまったんだ。更新しようとしたんだけど、路面の水が多すぎた。でも、いいリザルトだよ。14番手はスタートするにはまずまずの場所だし、できるだけのことをやってみよう」

シャルル・ルクレール

「僕にとってはいい1日じゃなかった。セッション開始直前に小雨が降り始めてトリッキーな予選だった。僕らはインターミディエイトで出たんだけど、いいラップタイムを出すには路面が乾きすぎていた。その後、ウルトラソフトタイヤに交換して、みんなの中に戻ったんだけど、どのチームも急激に上昇していて、秒単位でポジションが入れ替わっていた。最終的に、今日は力不足だったということだろう。明日のレースは面白くなってほしいよ。僕らもいくらか前に進めるといいな」

© ESPN Sports Media Ltd.