Sauber

/ News

  • ハンガリーGP - ザウバー - 初日

最適化を図るザウバー

Me
2018年7月28日 « 一発の速さを引き出したいフォース・インディア | 「普通の金曜日」に満足するバンドールン »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

27日(金)に開幕したシーズン第12戦ハンガリーGPでザウバーのマーカス・エリクソンとシャルル・ルクレールは2回目のフリー走行を16番手と17番手で終えた。

初回セッションはルクレールに代わってアントニオ・ジョビナッツィが参加し、18番手タイムを記録。エリクソンはスピンを喫してフロアにダメージを受けたため、12周の走行にとどまり、ベストタイムは20番手だった。

マーカス・エリクソン

「僕にとっては複雑な1日だった。FP1はスピンでタイヤを傷めるなどして、ちょっと散らかってしまった。その後は思ったほど走れなかったから、最初のセッションはベストじゃなかった。FP2では多くのラップを走ってそれを取り戻したよ。今夜は少し仕事をしないとね。明日に向けて最適化できるようベストを尽くす」

シャルル・ルクレール

「今日はいつもより少し難しかった。僕は最初のプラクティスを走っていないから、2回目のセッションで追いつく必要があったんだ。残りの週末で自分たちの望むところにいきたければ、たくさん仕事をしないといけない。正しい方向に一歩進めることを願うし、過去数戦の自分たちのパフォーマンスを足場にして進みたいと思う」

アントニオ・ジョビナッツィ

「今日も生産的なフリープラクティスセッションだった。僕にとって、このチームでの今季2回目のものだ。1週間でまたクルマに乗れて素晴らしかったし、いいフィーリングをつかみ始めている。先週と同様、僕の今日のターゲットはフルプログラムを完了して、チームにできる限りフィードバックすることだった。この点については満足している。来週もアルファロメオ・ザウバーF1チームのクルマで1日テストするのを楽しみにしている」

© ESPN Sports Media Ltd.