Sauber

/ News

  • オーストリアGP - ザウバー - 初日

予選に向けて調整を進めるザウバー

Jim
2018年6月30日 « 新パーツの評価に励んだマクラーレン | ピレリ、3種類のパフォーマンス差は「かなり小さい」 »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

29日(金)、シーズン第9戦オーストリアGP初日に行われた後半のセッションでザウバーのシャルル・ルクレールは12番手、マーカス・エリクソンは14番手につけた。

初回セッションはルクレールが9番手に食い込み、エリクソンも11番手のタイムを残している。

マーカス・エリクソン

「かなり大量の周回を走れたし、今週末に使う3種類のタイヤコンパウンドすべてを履いて走れた。自分のドライビングスタイルにうまく合ったセットアップにして、先週末のフランスで学んだことをベースに取り組んだ。今日は中団グループにいたから、それはポジティブ。今夜はすべてを最適化するために作業する。明日、強力なパフォーマンスを発揮できるようにね」

シャルル・ルクレール

「基本的に僕らにとってはポジティブな1日だった。ペースはかなり良いし、予定していたプログラムは完了できている。今週末に使う異なるタイヤをテストできたのも生産的だった。このコースのドライビングは本当に楽しいし、ここでF1マシンに乗って初走行できたことはいい経験だ。データを調べながら、明日のセッション中に強力なパフォーマンスを発揮できるようにしているところ。何ができるか見てみよう」

© ESPN Sports Media Ltd.