Sauber

/ News

  • ザウバー

ザウバーの新タイトルスポンサーはアルファロメオ!

Me
2017年11月29日 « アブダビテスト最終日:11月29日午前 | フェラーリとサンタンデールが契約を終了 »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

30年以上の時を経てアルファロメオの名前がF1に戻ってくる。2018年からザウバーの新タイトルスポンサーを務めることになった。

いったんはHondaとの契約に合意したザウバーだったが、その話が流れた後、フェラーリと新たなパートナーシップを結ぶと発表していた。アルファロメオはフェラーリと同じフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)グループの一員であり、彼らとの契約にはそれぞれの間で"戦略的、コマーシャル的、そして技術的提携"を含有するという。

これにより、チームは来年から正式にアルファロメオ・ザウバーと呼ばれることになり、アイコニックなイタリアメーカーのバッジを背負うことになる。アルファロメオはF1の歴史に重要な記録を残している。史上初の世界選手権が開催された1950年と翌1951年にジュゼッペ・ファリーナとファン・マヌエル・ファンジオというワールドチャンピオンを生み出したのが彼らだ。コンストラクターとしては1985年にF1を撤退した。

FCAのCEO兼フェラーリ社長のセルジオ・マルキオンネは次のようにコメントした。「ザウバーF1チームとのこの合意は、アルファロメオブランドの再構築における重要なステップだ。30年以上の空白に終止符を打ち、アルファロメオがF1に戻ってくる」

「このスポーツの歴史に貢献した名高いブランドであるアルファロメオが、F1に参戦する他のメジャー自動車メーカーの仲間入りを果たす。ブランドそのものもまた、不動の経験を持つザウバーF1チームというパートナーを得ることで、テクノロジーの共有や戦略的ノウハウから恩恵を受けることができるだろう」

「新モデルであるジュリアやステルヴィオを発表し、すでにその能力を示したアルファロメオのエンジニアと技術者たちが、今度はその経験をザウバーF1チームのために生かす機会を得るのだ。それと同時にアルファロメオのファンたちには、この比類なき伝説的スポーツの歴史に新たな章を書き始めようと決意する自動車メーカーに再び声援を送る機会が与えられる」

これに続いて予想されるニュースは、F2チャンピオンでフェラーリジュニアのシャルル・ルクレールのシート獲得だろう。彼はアブダビのヤス・マリーナ・サーキットでチームのためにテストをしている真っ最中だ。同じフェラーリジュニアのアントニオ・ジョビナッツィにもシート獲得のうわさがあり、アルファロメオとの契約によってその可能性も高まった。

ザウバーのパスカル・ピッチ会長はこの発表がチームの繁栄につながることを確信している。

「われわれはザウバーF1チームにアルファロメオを歓迎する。アルファロメオはグランプリレーシングで長い成功の歴史を持っており、国際的に名を知られた同社がモータースポーツの頂点に復帰するにあたって、われわれとの提携を選んでくれたことを大変誇りに思う。自動車メーカーと密接に協力できるということはザウバー・グループがテクノロジーとエンジニアリング製品をさらに発展させるための素晴らしい機会だ」

「われわれは共に、アルファロメオ・ザウバーF1チームを素晴らしい成功に導くことができると確信しており、長く良好なパートナーシップになることを期待している」

© ESPN Sports Media Ltd.