Sauber

/ News

  • 日本GP - ザウバー - 決勝

エリクソン、不満の残る鈴鹿でのレース

AI / Jim
2017年10月8日 « 惜しくも入賞を逃したアロンソ | ダブル入賞を喜ぶフォース・インディア »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

8日(日)に鈴鹿サーキットで開催されたシーズン第16戦日本GP決勝レースで、ザウバーのパスカル・ウェーレインは15位で完走したが、マーカス・エリクソンはリタイアを喫した。

マーカス・エリクソン

「鈴鹿は僕にとって残念なレース結果だった。レース序盤はかなり良さそうに見えていたんだ。スタート直後にいくつかポジションも上げられたしね。残念ながら、ターン9でコースアウトしてしまい、バリアにぶつかってしまった。もうオースティンでの次戦に焦点を移しているし、またすぐクルマに乗るのを楽しみにしている」

パスカル・ウェーレイン

「今日のレースには満足できない。レースの序盤からクルマのバランスに問題を抱えていた。だから、通常の状況ならできただけのプッシュができなかったんだ。データを調べて、原因を探しているところだよ。全体的に、鈴鹿は僕にとってがっかりなレースだった」

フレデリック・バッサー(チーム代表)

「われわれにとってはタフなレースだった。マーカスは序盤、まずまずのペースだったが、ターン8でワイドに膨らんでしまい、ターン9のウオールにぶつかった。パスカルはオープニングラップで他車と接触があったようなので、どの程度、彼のマシンにダメージがあったのか、さらに分析してみる必要がある。今はこの先に控えるアメリカ大陸でのレースに集中しなければならない」

© ESPN Sports Media Ltd.