Sauber

/ News

  • 日本GP - ザウバー - 予選

赤旗にがっかりするザウバー勢

AI
2017年10月7日 « 待望の鈴鹿初ポールを獲得したハミルトン | 好調のオコン、大量点獲得を目指す »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

7日(土)、シーズン第16戦日本GP予選が実施され、ザウバーのマーカス・エリクソンとパスカル・ウェーレインは19番手と20番手だった。

予選10番手につけたフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)と14番手のジョリオン・パーマー(ルノー)、15番手のカルロス・サインツ(トロ・ロッソ)がエンジン交換に伴う大量のグリッド降格処分を受けるため、ザウバーの2人はスタート位置が3つずつ繰り上がる予定。

土曜フリー走行はエリクソンが18番手、ウェーレインが19番手だった。

マーカス・エリクソン

「僕にとってはまずまずな予選だった。セッションごとに改善していたから、ライバルに少し近づけた。Q1の終わりはちょっとがっかりだったよ。最後のアタックでプッシュしていた時に赤旗でセッションが中断されてしまったからね。全体的には今日の予選パフォーマンスには満足だ」

パスカル・ウェーレイン

「全体的に、昨日と比べて今日はクルマの乗り心地が完全には良くなかった。まだクルマのバランスにも満足していないから、その原因を理解するためにデータを調べているところだ。僕の予選については、Q1最後の赤旗が残念だった。当然、最後のアタックを走り切って、自分のラップタイムを上げたかったからね。この後は、明日に集中して、レースで全力を尽くすつもりさ」

© ESPN Sports Media Ltd.