Sauber

/ News

  • マレーシアGP - ザウバー - 決勝

ウェーレイン、結果は伴わずも「レースには満足」

AI / Kohei Saito
2017年10月1日 « 思い切って追い抜きを仕掛けたフェルスタッペン | あえて応戦はしなかったハミルトン »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

1日(日)、シーズン第15戦マレーシアGP決勝レースでザウバーのパスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンは17位と18位で完走した。

マーカス・エリクソン

「今日は僕にとって良くないレースだった。僕のペースは十分じゃなかったし、まだその原因も分かっていない。原因を把握するためにデータを調べているので、日本での次戦は確実にもっと強くなってコースに戻れるようにしなきゃならない」

パスカル・ウェーレイン

「今日のレースにはかなり満足している。結果には納得していないけど、レースを通して良いペースを維持できたし、一時は自力で中団グループに食い込む戦いもできた。これはいいステップだからね。これからデータを調べて、どうやってこの前進ができたのかを分析したい。目標はこの先の数戦に向けていい仕事を続けて、もっと満足のいく結果を出すことだ」

フレデリック・バッサー(チーム代表)

「最終的な順位には反映されてはいないものの、これまでのレースと比較して今日はペースの面では良いレースだった。戦略も良く、われわれはいくつかの場面で中団グループに追いつくことができた。今日のパスカル(ウェーレイン)は安定した強力なパフォーマンスを見せてくれたし、またマーカス(エリクソン)も良好なパフォーマンスを見せた。全般的に見て、これはチームにとってポジティブな兆候であり、これからも良い仕事をしてプッシュし続ける必要がある」

© ESPN Sports Media Ltd.