Sauber

/ News

  • ハンガリーGP - ザウバー - 決勝

後半戦の巻き返しに期待するザウバー

AI
2017年7月31日 « 前半戦を1-2で締めくくったフェラーリ | 場外乱闘に突入したヒュルケンベルグ対マグヌッセン »
© Mirko Stange/Sutton Images
拡大

30日(日)、シーズン第11戦ハンガリーGP決勝レースが開催され、ザウバーのパスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンは15位と16位で完走した。

マーカス・エリクソン

「厳しいレースだった。期待していたペースがなくて、前にいたライバルたちと戦うことすらできなかった。僕たちが持ち込んだ空力アップデートの最初のパーツが大きな一歩になると予想していたのに、がっかりだったね。夏休みの後、さらなる前進を遂げられるはずだ」

パスカル・ウェーレイン

「僕のグリッドポジションを考えると、レース結果はまずまずだ。18番手からスタートしたんだから、これ以上は期待できなかっただろう。だから、間違いなく今日できる中でベストを尽くした。夏休みが楽しみだし、その間にシーズン前半を振り返ることができる。シーズン後半にフルパワーで戻ってくるつもりだ」

フレデリック・バッサー(チーム代表)

「われわれにとってはタフなレースだった。セーフティカー導入中、フラットスポットを作ってしまったマーカスが早々にピットストップにやってきた。パスカルもスローパンクチャーに見舞われて緊急ピットインせざるを得なかったので、2人に異なる戦略を取ることにした。全体的に、直接のライバルと戦うにはペースが足りなかったのだと思う。この先のレースも難しいことは分かっているが、シーズン後半戦もモチベーションを上げて集中していかなければならない」

© ESPN Sports Media Ltd.