Sauber

/ News

© Kym Illman/Sutton Images
拡大

今季にマクラーレンが直面する状況はあまり見込みが高いとはいえないにもかかわらず、ザウバー代表のモニーシャ・カルテンボーンはエンジンパートナーとなるHondaとのタッグを疑う「理由は皆無」と主張した。

HondaがF1グリッドに復帰して3年、今年もマクラーレンは競争力にも信頼性にも欠けるパワーユニットしか手に入れられず、1年落ちのエンジンを積むザウバーさえも下回るコンストラクターズ選手権下位に沈んでいる。2018年シーズンには最新型のホンダエンジンを搭載する予定のザウバーだが、進歩が見られなければマクラーレンが提携を解消する可能性もあり、ザウバーが"仲間"を得るかどうかはっきりしない。

Hondaの現状を踏まえて新たなパートナーシップにサインした決断に疑問を感じているかと問われたカルテンボーンは「いいえ。私たちはその状況に直面していませんし、われわれはわれわれです!」とコメント。

「私たちと彼らとの独自のプロジェクトです。疑う理由なんてありません。われわれの知る限り、協力して取り組んでくれると確信しています。彼らには人材があり、必要なツールもすべて揃っていますし、少なくとも私たちにはまだ少し時間があります。それに、今回のレースで何がどうなるかも誰にも分かりません。つまり、2018年の初戦がどうなるのかなんて知りようがありません」

カルテンボーンによれば、今シーズンはフェラーリが好調を示して追い上げてきているが、2014年にターボV6エンジンが採用されて以来、優位を誇り続けるメルセデスに他のメーカーがどの程度の時間で追いつくことができるのか、それを調べていくことが重要だという。

「われわれはもっと大きな画を見ています。彼らがこれを乗り越えないと疑う理由は皆無です。2014年の時点で私たちがどれほど離され、その後、冬を通してフェラーリが大きな前進を遂げたのか、それを思えばなおのこと。それに、彼らは素晴らしい3年を過ごして最もコンペティティブなパワーユニットを生み出す競争力の高いレベルに達しました。時間はかかるものです。良い3年を、彼らも歩んできたのです」

また、2008年末にHondaが撤退してからV6ターボが登場して1年後の2015年に復帰するまで、F1が遂げてきた大きな変化にも言及した。

「忘れてはいけないのはHondaがF1を去って戻ってくるまでに他の全チームは存在し続けており、われわれからしても評価が容易でないこと。シャシー面だけ見ても、たった数年でもどれだけのことが変化するのか、われわれはそれを知っています。10年離れて戻ってくることを言っているのではありません。このスポーツではあっという間に多くのことが変わってしまいます。プロセスが変わり、手順も変わり、サプライヤー変更もそうです。そういったいろんなことが変わっていきます。彼らにチャンスを与え、公平にどうなるかを見ていく必要があると考えています」

© ESPN Sports Media Ltd.