Sauber

/ News

  • ザウバー

ザウバーが2017年型マシンの画像を披露

M.S.
2017年2月20日 « ウォルフとラウダがメルセデスと契約延長 | 2017年はオーバーテイクが増えるとレッドブル勢 »
© Sauber
拡大

ザウバーがチームサイトとソーシャルメディアを通じて2017年のマシンであるC36を公開した。

今年25周年を迎えるスイスチームのザウバーは、F1で過ごしてきたこれまでの時間を振り返って今季の新車にブルーとゴールドをあしらっている。

マシン自体は今季の新エアロルールの要求に沿って一新されたフロントおよびリアウイングを備え、バージボードが大きくなり、エンジンカバーにはフィンが切られている。また、これまでのマシンとは異なり、C36のドライバーの頭上にあるエアボックスは分割されている。

マシンの設計は前テクニカルディレクターのマーク・スミス時代にスタートしたものの、その開発は昨年3月に離脱したスミスの後継者となったヨルグ・ザンダーが引き継ぐ。今年は1年落ちのフェラーリエンジンを使用すること不利に働くと見られ、特にシーズンが進むにつれて2017年のパワーユニットが発展していくと厳しくなるかもしれない。

ドライバーとしては3年連続でザウバーを駆るマーカス・エリクソンに加え、メルセデスのジュニアドライバーであるパスカル・ウェーレインがそのチームメイトを務める。テスト初日までにフィルミングデーとして走行が行われる見込みだが、公式な走行は2月27日(月)に始まる冬季テストが初となる。レース・オブ・チャンピオンズで背中を負傷したウェーレインについては、初回テストに参加しないことが既に明らかにされた。

先週にはウィリアムズが新車の画像を公開しており、2017年型マシンの発表はザウバーが2番手となった。

© ESPN Sports Media Ltd.