Sauber

/ News

  • US GP - ザウバー - 予選

ナッサー、マシンに違和感

Me / AI
2016年10月23日 « 厳しいレースを予想するグロージャン | 戦略の幅は広がっているとピレリ »
© Andre/Sutton
拡大

22日(土)、シーズン第18戦US GP予選でザウバーのマーカス・エリクソンが16番手につけ、フェリペ・ナッサーは21番手だった。

土曜フリー走行ではエリクソンとナッサーが19番手と20番手に並んでいる。

マーカス・エリクソン

「クルマに確信が持てなくて、金曜日はトリッキーだった。昨夜はもっといい方向性を見つけるためにたくさんの仕事を抱えていた。FP3(土曜フリー走行)に向けて進歩があったのは明らかだよ。予選ではクルマの感触がさらに良くなった。みんなで本当にいい仕事をやり遂げることができた。予選での自分のパフォーマンス、Q1のラップには満足しているよ。初めは14番手で、すごく良かった。Q2では新品のスーパーソフトタイヤがもう残っていなかったんだ。でも、とにかく16番手というのはレースをスタートするにはまずまずのポジションだし、明日は中団勢といい戦いをしたい」

フェリペ・ナッサー

「昨日のリザルトが頭にあるから特に、これは決して僕たちが満足できる予選結果じゃない。2回のフリー走行ではクルマのバランスにとても満足していたのに、予選ではクルマの何かがおかしかった。明日に向けてどこを改善できるのか調べなきゃならない」

© ESPN Sports Media Ltd.