Sauber

/ News

  • アブダビGP - ザウバー - 予選

Q2でパフォーマンスを失ったとナッサー

Me
2015年11月29日 « ハミルトン、1つのセットアップ変更があだに | 予選トップ10入りを喜ぶサインツ »
© Sutton Images
拡大

シーズン第19戦アブダビGP予選でザウバーのフェリペ・ナッサーとマーカス・エリクソンはそれぞれ14番手と18番手のタイムを残した。

予選前に実施された土曜フリー走行ではナッサーが13番手、エリクソンは17番手だった。

マーカス・エリクソン

「厳しい週末だ。ずっとクルマに満足できるバランスを見つけられずに苦労している。予選はいい方向に行っていると感じていたんだけどね。Q1の1セット目のスーパーソフトタイヤでは、2周目でミスしてしまった。その次の走行ではトラブルがあったようでタイムを更新できず、コースが一番いいコンディションの時にアタックを放棄しなければいけなかった。このリザルトはもちろんがっかりだよ。でも、クルマのパフォーマンスという面では前進したと思う。これはレースに向けて明るい要素だ。巻き返せるようにベストを尽くす」

フェリペ・ナッサー

「プラクティスセッションよりもだいぶ改善できたと思う。もちろん、理想的なスターティングポジションじゃないけど、昨日と今日のクルマの変更には満足しているんだ。Q1はラップをうまくまとめることができた。ところが、2回目のラップはターン1で少しミスしてしまってタイムロスした。どうもQ1とQ2でタイヤが違うように感じたから、どうしてQ2でパフォーマンスを失ったのか知りたいと思っている。明日の目標はコンストラクターズ選手権で8位をキープすることと、ドライバーズ選手権の13位を確保することだ。そのためならどんなことでもする」

© ESPN Sports Media Ltd.