Sauber

/ News

  • ザウバー

ザウバー、330人の従業員を守るためと説明

Me
2015年3月6日 « ベッテル移籍は正解だとビルヌーブ | ルノー、チーム買収の可能性も否定せず »
ブラジル銀行のカラーが前面に押し出された今年のザウバーのマシン © Sutton Images
拡大

メルボルンで最初のプラクティスが始まる1週間前になってザウバーは法律問題に巻き込まれた。

5日(木)、法的に有効な2015年の契約を持っていると主張するギド・ヴァン・デル・ガルデが、レースシートを求めてメルボルンでチームを訴えたことが明らかになった。

ヴァン・デル・ガルデがよりどころにしているのは、スイスの仲裁機関による判決だ。そこでは、最終的にフェリペ・ナッサーとマーカス・エリクソンに与えられたどちらかのシートを手にする権利が彼にあると判断されている。

「ギド・ヴァン・デル・ガルデとの訴訟は進行中だ」とザウバーはスイス紙『Blick(ブリック)』に認めた。

「彼との契約を解除したが、それには正当な理由があった。チームと330人の従業員のために決めたことだ」

2014年を通して財政難に苦しんだザウバーの今季マシンは、ナッサーの支援者『Banco do Brasil(ブラジル銀行)』の企業カラーが目立つマシンになった。

また、ドイツ誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』によると、2015年のシートを約束されていたもう1人のドライバー――エイドリアン・スーティル――も、ザウバーを訴えることにしたという。

こちらの訴訟はスイスが舞台になるとのことで、スーティルは"復職よりも補償"を求めるつもりだと通信員トビアス・グラナーは述べた。

© ESPN Sports Media Ltd.