Sauber

/ News

  • ザウバー

ザウバーは中国人ドライバーのフォングを起用

Me
2014年11月20日 « オコンが金曜フリー走行デビュー | アロンソ、"双方合意"でフェラーリ離脱! »
© Sauber
拡大

中国人ドライバーの方駿宇(フォング・アダリー)がアブダビGP1回目のフリー走行でザウバーをドライブすることになった。

フォングはA1GPからインディライツ、最近ではGP3など、さまざまなシングルシーターシリーズをドライブした経験がある。2013年のアウディR8 LMSカップのチャンピオンでもあるが、シングルシーターでの成功はまだない。

彼は先月、グランプリセッションに参加するためのライセンスを取得するため、バレンシアで2年落ちのザウバーをテストしている。

「アブダビでのF1デビューにすごく興奮している。でも同時に、少しナーバスでもあるかな」と彼は述べた。「先月、僕は初めてバレンシアでC31をドライブした。それはマイレージを稼ぎ、F1マシンのスピードに慣れるのに役立ったよ」

「もちろんC33は少し違う。新しい1.6リッターV6ターボエンジンを備えた新世代のマシンだ。ERSとブレーキ・バイ・ワイヤ・システムがどう働くか興味深い。FP1は90分しかないから、クルマに慣れる時間はそう多くない。でも、F1の週末にドライブできるのはすごい特権だよ。機会を与えられてとてもうれしい。去年の同じ頃にここでGP3レースをしていてコースのことはもう知っているから良かった」

© ESPN Sports Media Ltd.