Sauber

/ News

  • ザウバー

チームから説明が欲しいとスーティル

Me
2014年11月6日 « 大雨、大歓迎とロズベルグ | マグヌッセン、不安定な立場に動揺せず »
© Sutton Images
拡大

来年の立場についてエイドリアン・スーティルはザウバーと話し合う必要があるという。チームは2015年に2人の新たなドライバーを起用すると発表している。

先週から続けて、ザウバーはマーカス・エリクソンとフェリペ・ナスルが来シーズンのレースドライバーになると発表した。スーティルとチームメイトのエステバン・グティエレスは取り残された格好だ。スーティルは今年ずっと自分には2015年の契約があると主張し、ザウバーに残るつもりだと述べてきた。

しかし、今は自身の立場を明らかにする必要があると認め、もしかしたらチームが来年走らないのではないかとまでほのめかしている。

「あることについて話さなければいけないのは確かだ」とスーティルは述べた。「2人のドライバーが確定したけど、そのドライバーたちが走るとは限らない。チームが走るかどうかも分からないよ。だから実際には先週と今週で何も変わっていない。それはただの発表に過ぎない。もちろん、僕としては少し話をして状況を整理する必要がある」

来年もF1にいる自信はあるかと聞かれ、彼はこう付け加えた。「現時点では分からない。もしかしたらいるかもね。F1は予測不可能な世界だ。今言った通り、まずはいくつかのことを話し合わないと。後のことはチームがコメントすべきだ」

「別にイラ立ってはいないよ。それが今のF1なんだし、もう何年もそうだった。ちょっと変わったビジネスなんだ。今はそれだけしか言えない。僕は自分のレースを楽しみにしている。それだけ」

© ESPN Sports Media Ltd.