Sauber

/ News

  • ザウバー

ナスルがザウバードライバーに!

Jim
2014年11月6日 « 最終戦の出走を見込むケータハム | F1残留の自信を深めるベルヌ »
© Sutton Images
拡大
関連リンク

ザウバーはマーカス・エリクソンに続いて2015年のレースドライバーにフェリペ・ナスルを起用すると発表した。

これにより、現行ドライバーのエステバン・グティエレスとエイドリアン・スーティルは来年に向けて別のシートを探さなければならない。

一方、F1デビューが決まったナスルはGP2からモータースポーツ最高峰の舞台へと昇格する。目下、ナスルはGP2チャンピオンシップで2位につけている。

ザウバー代表のモニーシャ・カルテンボーンは「これまでしばらくフェリペ(ナスル)のキャリアパスを見守ってきました。彼はジュニアカテゴリーで本当に成功に満ちたキャリアを積んでいますし、F1でポジションを得るにふさわしいと考えています」とコメントした。

「来年、彼が私たちのチームでドライブすることになり、うれしく思っています。新たに若くて優秀なブラジルのF1ドライバーが誕生するのです。フェリペにとってはブラジル銀行が大切なパートナーでしたし、今回の重要な一歩においても名高い企業が彼をサポートし続けてくれることを私たちも本当に喜んでいます。このパートナーシップを楽しみにしています」

ザウバーのレースシートを手に入れたナスルはこう話した。

「2015年F1世界選手権のためにザウバーF1チームと契約することは僕のキャリアにとって本当に重要なステップだ。今回のことは絶対に忘れない。ずっと支えてくれた家族、友人、スポンサー、チーム、母国、すべての人々のおかげだ。今日、夢が実現した。ザウバーはこれまでもフェリペ・マッサやキミ・ライコネン、ロバート・クビサ、セバスチャン・ベッテルなど名だたるF1ドライバーを輩出している。このレーシングファミリーの一員になれることを誇りに思う。ウィリアムズ・マルティーニとは素晴らしい一年を過ごせた。とてもたくさんのことを学んだし、F1のレースドライバーになるためにしっかりと準備出来たと思っている」

© ESPN Sports Media Ltd.