Sauber

/ News

  • ザウバー

ザウバーは来季ドライバーを一新か

Jim
2014年11月3日 « 「いつかは良くなる」とライコネン | アロンソにエンストン復帰の可能性 »
ザウバー加入のうわさがささやかれるヴァン・デル・ガルデ © Sutton Images
拡大

マーカス・エリクソンの加入を発表したザウバーが2015年のドライバーラインアップを一新するかもしれない。

US GP決勝レースをボイコットする可能性が取り沙汰される中、その影に潜ませるように、ザウバーはすでにエイドリアン・スーティルあるいはエステバン・グティエレスが今季末にチームを去ることを認めている。

うわさでは、ケータハム欠場にもかかわらずオースティンのパドックを訪れたエリクソンのザウバー入りはエリクソンのスポンサーが仮払いを済ませたことを受けて発表に至ったともっぱらだ。

エリクソンが持ち込んだ個人的な支援は2,000万ドル(約22億4,500万円)に上るのではないかと見積もられている。

ザウバーを率いるモニーシャ・カルテンボーンはドイツの『Sport Bild(シュポルト・ビルド)』に「残念なことではありますが、私たちはドライバーを収入源として考えなければならないのです。多くのチームが同じ状態にあると思います」と明かした。

スーティルは2015年の契約を保持し、メキシコ出身のグティエレスは億万長者のカルロス・スリムとの関係があるにもかかわらず、今月末のアブダビGPを最後に2人ともチームを離れるのではないかとささやかれている。

ドイツのテレビ局『Sky(スカイ)』で解説者を務める元F1ドライバーのマルク・スレールは契約を持っているというスーティルについて「ザウバーにとっては問題じゃない。ザウバーは簡単に彼を解雇できる」とコメント。

しかしながら、スーティルのマネジャーであるマンフレッド・ツィンマーマンは「われわれにとっては何も変わっていない」と主張した。

ただ、『Auto Motor Und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』やスイス『Blick(ブリック)』といった専門誌を含むメディアの情報を踏まえると、エリクソン同様に多くのスポンサーを持つオランダ出身のギド・ヴァン・デル・ガルデが来季のザウバードライバーに指名される可能性もある。

ザウバーは2015年にペイドライバーを雇う以外に選択肢がないのではないかとのうわさに触れたスーティルは「うわさはたくさんある。もちろん、チームの状況は簡単じゃないけど、すぐに良くなることを願っている」と語った。

© ESPN Sports Media Ltd.