Sauber

/ News

  • ザウバー

ザウバーがエリクソンと契約!

Jim
2014年11月2日 « ハミルトン、ブレーキに不安を隠せず | 2014年第17戦ドライバーコメント予選 »
来季はザウバーに移籍することが決まったエリクソン © Sutton Images
拡大

ザウバーが2015年のレースドライバーとしてマーカス・エリクソンと契約したことを発表した。

2014年シーズンにケータハムからF1デビューしたルーキードライバーのエリクソンは小林可夢偉をパートナーに16レースを戦ってきたが、先ごろチームが破綻し、今週末のUS GPと来週末のブラジルGPは欠場を強いられている。

今後の活動に向けてオースティンを訪れていたエリクソンは才能豊かな若手を育てることで定評のあるザウバーとレースドライバー契約を締結。来季はザウバーと共にF1シーズンを戦うことになった。

チーム代表のモニーシャ・カルテンボーンは「今回の提携を発表できることになり、うれしく思っています。マーカスのことはモチベーションの高いドライバーとして認識しています。今年のF1で楽なルーキーイヤーとはいきませんでしたが、特に過去数戦では冷静さを保ち、一貫して成長し続けました。マーカスとの契約によってチームに新しい刺激を与えられると確信しています」と述べている。

また、ザウバー入りが決まったエリクソンは次のようにコメントした。

「騒然とした一週間を過ごしたばかりだけど、突然、かなり早めのクリスマスプレゼントをもらった気分だ。ザウバーF1チームは2015年に向けて僕を信頼してくれた。ザウバーは若手ドライバーの育成に長けたチームのひとつとして知られているから、信頼を寄せてくれたことは誇りに思っている。素晴らしいチャレンジになるだろう。ドライバーとしてしっかりと成長できるように、そしてザウバーF1チームが元の上位に近いポジションに復帰する上で力になれるようベストを尽くす」

ザウバーは2人目のレースドライバーについて後日明かすと述べている。現行ドライバーのエイドリアン・スーティルは契約が残っていると残留に自信を見せているが、チームメイトのエステバン・グティエレスは他の選択肢を模索していることを認めている。

ザウバーが財政難に見舞われていることは周知の事実であり、エリクソンの加入は来年の資金繰りに朗報をもたらすだろう。

© ESPN Sports Media Ltd.