Sauber

/ News

  • ザウバー

ペースに「びっくり」したヒュルケンベルグ

Jim
2013年9月9日 « フェラーリのために動いたマッサ | ブーイングを浴びたベッテル »
2人のニコの対決はヒュルケンベルグに軍配 © Sutton Images
拡大

イタリアGPを5位でフィニッシュしたザウバーのニコ・ヒュルケンベルグはレッドブルとフェラーリに近い場所でチェッカーを受けたことに驚いているようだ。

ヒュルケンベルグは4位だったフェリペ・マッサ(フェラーリ)にわずか0.9秒遅れでゴールしており、レース終盤に後ろから攻め立てたニコ・ロズベルグ(メルセデス)の攻撃を最後まで振り切っている。

初日のフリー走行で強力なペースを示したヒュルケンベルグは高い競争力を期待していたと語りつつも、トップ4に挑めるほどとは予想していなかったと言う。

「土曜日が終わってからは、きっと良いレースペースだろうと確信していたけど、最終スティントのラスト15周なんて特にフェラーリやレッドブルに追いついていたから、こんなに力強いなんて本当にびっくり」

「ただ、楽なレースではなかった。ニコ(ロズベルグ)の後ろからの攻撃はかなりハードだったしチャレンジングだった。全然手を引いてくれない。ミスを犯すなんて一切許されなかったし、彼がいたおかげでずっと忙しかった」

ヒュルケンベルグは来季のフェラーリドライバー候補の一人だが、今回の結果に基づいて判断されるとは考えていないようだ。

「何も期待していない。1レースの結果。いい週末だったし、力強さを発揮できた。素晴らしいチームパフォーマンスだったけど、たった一度のレースで一発逆転なんてあるわけないと思う」

© ESPN Sports Media Ltd.